Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.io.FileType クラス

パッケージ: Simulink.io

信号エディターなど、Simulink インターフェイスのファイル タイプ リーダーの基底クラス

説明

Simulink.io.FileTypeSimulink.io.FileType オブジェクトの基底クラスです。クラス定義ファイルでは、基底クラスのオブジェクトをサブクラス化しなければなりません。Simulink® には FileType からの直接継承が必要です。サブクラス化により、このクラスで提供されている実装メソッドおよびサービス メソッドを使用してオブジェクトを作成できるようになります。Simulink.io.FileType 基底クラスから直接継承するには、クラス定義ファイルの最初の行で次の構文を入力します。ここで、ObjectName は構成するオブジェクト名です。

classdef ObjectName < Simulink.io.FileType

Simulink.io.FileType クラスは handle クラスです。

クラス属性

Abstract
true
HandleCompatible
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

プロパティ

すべて展開する

信号エディターにインポートするカスタム信号を含むファイルのファイル名。文字配列として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

Simulink.io.FileType クラスを定義します。

classdef MySignalMatFile < Simulink.io.FileType

end

特殊な関数を使用して FileType を操作します。この例は、open('Simulink.io.CreateSignals') サンプル ファイルを参照します。

foo.mat の内容を取得します。

fileName = 'foo.mat';
aReader = Simulink.io.CreateSignals(fileName);
resultOfWhos = whos(aReader);

foo.mat からカスタム信号をインポートします。

aFileType = Simulink.io.CreateSignals('foo.mat');
out = import(aFileType);

foo.mat のカスタム信号を読み込みます。

aFileType = Simulink.io.CreateSignals('foo.mat');
out = load(aFileType);

foo.mat から変数を読み込みます。

aFileType = Simulink.io.CreateSignals('foo.mat');
out = loadAVariable( aFileType,'bar');

信号エディターから信号をエクスポートします。

ds = Simulink.SimulationData.Dataset;
ds = ds.addElement(timeseries([1:10]',[1:10]'),'Siganl1');
ds = ds.addElement(timeseries([1:10]',[11:20]'),'Siganl2');
ds = ds.addElement(timeseries([1:10]',[21:30]'),'Siganl3');

aReader = Simulink.io.CreateSignals('myFileToExport.mat');

didWrite = aReader.export(filePath,{'ds'},{ds},0);
R2020a で導入