ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

handle クラス

すべてのハンドル クラスのスーパークラス

説明

handle クラスは、ハンドル セマンティクスに従うすべてのクラスのスーパークラスです。ハンドルは、ハンドル クラスのオブジェクトを参照する変数です。複数の変数で同じオブジェクトを参照できます。

handle クラスは抽象クラスであり、ユーザーはこのクラスのインスタンスを直接作成できません。他のクラスを導出するには、handle クラスを使用します。これは、インスタンスをハンドル オブジェクトである具象クラスにすることも可能です。

ハンドル クラスを定義するには、次の classdef コードの構文を使用して、handle からクラスを派生させます。

classdef MyHandleClass < handle
    ...
end

handle クラスから派生させることにより、サブクラスは以下を行うことができます。

ハンドル クラスの使用の詳細については、ハンドル クラスを参照してください。

クラスの属性

抽象型
true
ConstructOnLoad
true
HandleCompatible
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

メソッド

すべて展開する

イベント

イベント名トリガーイベント データイベントの属性
ObjectBeingDestroyedハンドル オブジェクトが破棄されるとき、delete メソッドの呼び出し前にトリガーされます。 event.EventData

NotifyAccess: private

ListenAccess: public

すべて折りたたむ

MySubclass クラスは handle クラスから派生します。プロパティの set メソッドは、値クラスで必要となる、メソッドに渡されたオブジェクトを返しません。

classdef MySubclass < handle
   properties
      Client tcpclient
   end
   methods
      function set.Client(obj,c)
         if isa(c,'tcpclient')
            obj.Client = c;
         end
      end
   end
end

MySubclass のオブジェクトを作成し、tcpclient オブジェクトを Client プロパティに割り当てます。

t = MySubclass;
t.Client = tcpclient('www.mathworks.com', 80);

詳細

すべて展開する

R2008a で導入