Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

delete

クラス: handle

ハンドル オブジェクトの削除

構文

delete(H)

説明

delete(H) は、ハンドル オブジェクトを削除します。delete を呼び出した後、H は無効なオブジェクトになります (オブジェクトが破棄される)。H がハンドル オブジェクトの配列である場合、MATLAB® は配列内の各オブジェクトについて delete メソッドを呼び出します。

handle クラスのサブクラスは、クラスのオブジェクトを破棄する直前にクリーンアップ タスクを実行する delete という名前のメソッドを実装できます。MATLAB はオブジェクトが破棄されるときにその handle オブジェクトの delete メソッドを自動的に呼び出します。オブジェクトを破棄するときに、サブクラスの delete メソッドが MATLAB により呼び出されるには、特定の条件を満たさなければなりません。handle のサブクラスの delete メソッドを実装する方法の詳細については、ハンドル クラスのデストラクターを参照してください。

入力引数

すべて展開する

削除するハンドル オブジェクト。ハンドル変数として指定します。

属性

Accesspublic

メソッドの属性の詳細については、メソッドの属性を参照してください。