ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isvalid

クラス: handle

有効なハンドルの判定

構文

B = isvalid(H)

説明

B = isvalid(H) は、H の要素が有効なハンドルである場合、対応する各要素が true である logical 配列を返します。オブジェクトが削除済みの場合、ハンドル変数は無効になります。クラス delete メソッド内で、isvalid は常に false を返します。

handle のサブクラスで isvalid メソッドをオーバーライドすることはできません。

入力引数

すべて展開する

入力配列。オブジェクト ハンドルの配列として指定します。

出力引数

すべて展開する

有効性テストの結果。H と同じサイズの logical 配列として返されます。H 内の各要素が有効なハンドルである場合、logical 配列内の対応する各要素は true です。

属性

Accesspublic
Sealedtrue

メソッドの属性の詳細については、メソッドの属性を参照してください。

有効なハンドルのテスト

この例では、ハンドル配列の有効なメンバーをテストします。

H = plot(rand(5));
delete(H(3:4))
B = isvalid(H)
B =

     1
     1
     0
     0
     1