ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

classdef

クラス定義のキーワード

説明

classdef ... end は、クラス定義を囲みます。

すべて折りたたむ

これらのキーワードを使用してクラスを定義します。すべての例については、サンプル クラスの実装を参照してください。

classdef (Attributes) ClassName < SuperclassName
   properties (Attributes) 
      PropertyName
   end 
   methods (Attributes) 
      function obj = methodName(obj,arg2,...)
         ...
      end
   end
   events (Attributes) 
      EventName
   end
end
classdef (Attributes) ClassName < SuperclassName
   enumeration
      EnumName
   end
end

propertiesmethodsevents、および enumeration は、所定のオブジェクトまたはクラス名のそれぞれのクラス メンバーをクエリするために使用される MATLAB® 関数の名前でもあります。

詳細

すべて折りたたむ

classdef

classdef は、MATLAB クラスの定義に使用するキーワードです。

classdef クラス定義は ClassName で始まり、ブロック classdef はキーワード end で終わります。キーワード classdef の前には、空行とコメントに限り置くことができます。クラス定義をファイル名拡張子 .m が付いたクラスと同じ名前のファイルに入力します。

classdef ClassName < SuperclassName1 & SuperclassName2 ... は、クラス定義を開始して、1 つ以上のスーパークラスを指定します。他のクラスからのクラス派生の詳細については、サブクラス定義を参照してください。

classdef (AttributeName1 = attributevalue, AttributeName2 = attributevalue, ...) ClassName は、クラス定義を開始して、オプションのクラス属性を指定します。クラス属性の一覧については、クラスの属性を参照してください。

クラス定義ファイルは、MATLAB パス上のフォルダーか、親フォルダーが MATLAB パス上にあるクラス フォルダーに配置できます。クラス フォルダー名は '@' 文字で始まり、その後にクラス名が続きます (たとえば @MyClass)。クラス フォルダーについての詳細は、クラス ファイルとクラス フォルダーを参照してください。

クラスの詳細については、Classdef ブロックおよびクラス定義を参照してください。

プロパティ

プロパティ定義ブロックは properties で始まり、ブロック properties はキーワード end で終わります。クラス定義には複数のプロパティ定義ブロックを格納することができます。各ブロックは、その特定のブロック内のプロパティに適用されるさまざまな属性設定を指定します。

プロパティについての詳細は、プロパティ構文を参照してください。

メモ

プロパティはクラスと同じ名前をもつことはできません。

メソッド

メソッド定義ブロックは methods で始まり、ブロック methods はキーワード end で終わります。このブロックにはクラス メソッドを実装する関数が入れられます。クラス定義には複数のメソッド ブロックを格納することができます。各ブロックは、その特定のブロック内のメソッドに適用されるさまざまな属性設定を指定します。メソッド関数をそれぞれ別のファイルに分けて定義することができます。

メソッドについての詳細は、クラス設計でのメソッド参照してください。

イベント

イベント定義ブロックは events で始まり、ブロック events はキーワード end で終わります。このブロックには、クラスで定義されたイベント名が入れられます。クラス定義には複数のイベント ブロックを格納することができます。各ブロックは、その特定のブロック内のイベントに適用されるさまざまな属性設定を指定します。

イベントについての詳細は、イベントとリスナーの構文を参照してください。

Enumeration

列挙定義ブロックは enumeration で始まり、ブロック enumeration はキーワード end で終わります。

列挙型についての詳細は、列挙型を参照してください。

R2008a で導入