ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

クラスのファイル編成

クラスの構文、属性およびファイルとフォルダ内での編成

クラス定義ブロック内でクラスの属性を指定し、パッケージを使用してクラスのファイルとフォルダを編成します。クラス定義内の式が MATLAB® によってどのように評価されるかを説明します。

関数

classdefクラス定義のキーワード
importパッケージまたはクラスを現在のインポート リストに追加

トピック

クラスの定義

ユーザー定義クラス

MATLAB を使うと、クラスを定義してオブジェクト指向の設計を実装することができます。

クラスの属性

クラス属性を使うと、定義したクラスの動作を変更することができます。

クラス フォルダーとパッケージ フォルダー

クラス定義を含むフォルダー

クラス定義の複数のファイルを収める、クラス ファイル専用フォルダーを定義します。

パッケージによる名前空間の作成

パッケージを使用して、クラスを別々の名前空間に整理します。

クラスの優先順位

ユーザー定義クラスの中で、相対的な優先順位を指定します。

クラスのインポート

関数にクラスをインポートして名前の参照を簡単にします。

クラスにおける式

クラス定義内の式の評価

MATLAB 式を使用して、属性とプロパティの値を定義できます。