ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

メソッド

メソッドの構文、属性および目的

メソッドは、クラスによって定義される操作です。メソッドは、クラスのオブジェクトで操作を実行するために MATLAB® 関数をオーバーロードできます。MATLAB は、呼び出すメソッドまたは関数を優先引数に基づいて決定します。クラス コンストラクター メソッドは、クラスのオブジェクトを作成し、特定のルールに必ず従います。

関数

methodsクラスのメソッド名
ismethodオブジェクトのメソッドかどうかを判別

クラス

meta.methodMATLAB クラスのメソッドの記述

トピック

メソッドの使用

クラス設計でのメソッド

MATLAB クラスではさまざまな種類のメソッドがそれぞれ特定のタスクを実行します。

メソッドと関数

methods ブロックでメソッドを定義します。このブロックでは、ブロック内で定義されるすべてのメソッドの属性が指定されます。

メソッドの呼び出し

MATLAB は優先引数を使用して、どのメソッドを呼び出すかを決定します。

メソッド アクセス リスト

クラス メソッドにアクセスできるクラスのリストを指定します。

メソッドの呼び出しでのオブジェクトの優先順位

MATLAB は優先引数に基づいて特定のメソッドや関数にディスパッチします。どの引数が優先引数であるかを判定するための規則があります。

別ファイルのメソッド

利便性と効率性のため、クラス メソッドを別々のファイルに定義します。

メソッドのタイプ

メソッドの属性

メソッドの属性はメソッドの動作を制御します。

通常のメソッド

メソッド ブロックを使用して、クラス定義ファイル内で通常のメソッドを定義します。

クラス コンストラクター メソッド

クラス コンストラクターはクラスのインスタンスを作成する特殊なメソッドです。

静的メソッド

静的メソッドは入力引数としてクラスのオブジェクトを必要としません。

グラフィックス コールバックのクラス メソッド

MATLAB グラフィックス オブジェクトのコールバックとしてクラスのメソッドを使用するには、特定の構文が必要です。

関数をオーバーロードするメソッド

クラス定義での関数のオーバーロード

クラスの MATLAB 関数をオーバーロードすることにより、そのクラスのオブジェクトが MATLAB 演算をサポートできるようになります。

オーバーロードされたグラフィックス関数の優先引数

MATLAB グラフィックス オブジェクトを最初の引数として受け入れるメソッドを定義するには、グラフィックス クラスとの関連でクラスの相対的優先順位を指定します。

配列作成関数に対するクラス サポート

クラスで配列作成関数をオーバーロードせずに、これらの関数のサポートを追加します。

条件付きステートメント内のオブジェクト

オブジェクトのクラスの関係演算子を定義して、条件付きステートメントでのオブジェクトの使用を有効にします。