ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プロパティ

プロパティ宣言、属性およびアクセス メソッド

プロパティはオブジェクト データを含みます。クラスはすべてのオブジェクトに同じプロパティを定義しますが、それぞれのオブジェクトでは固有のデータ値を格納できます。プロパティの属性は、そのプロパティにアクセス可能な関数とメソッドを制御します。プロパティ値を設定またはクエリしたときに必ず実行される関数を定義できます。コードがプロパティの値にアクセスしたときには、プロパティによってイベントをトリガーできます。

関数

すべて展開する

propertiesクラス プロパティ名
ispropプロパティが存在する場合は true
mustBeFinite値が有限であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeGreaterThan値が別の値より大きいことを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeGreaterThanOrEqual値が別の値以上であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeInteger値が整数であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeLessThan値が別の値より小さいことを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeLessThanOrEqual値が別の値以下であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeMember値が指定集合のメンバーであることを検証
mustBeNegative値が負であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNonempty値が空でないことを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNonNan値が NaN でないことを検証
mustBeNonnegative値が非負であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNonpositive値が正でないことを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNonsparse値が非スパースであることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNonzero値が非ゼロであることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNumeric値が数値であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeNumericOrLogical値が数値または論理値であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBePositive値が正であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行
mustBeReal値が実数であることを検証し、そうでない場合はエラーを発行

クラス

dynamicprops動的プロパティをサポートするクラスのスーパークラス
meta.DynamicPropertyMATLAB オブジェクトの動的プロパティの記述
event.DynamicPropertyEvent動的プロパティ イベントのイベント データ
meta.propertyMATLAB クラスのプロパティの記述
meta.Validation プロパティ検証の記述
meta.FixedDimension プロパティのサイズ指定における固定次元
meta.UnrestrictedDimension プロパティのサイズ指定における無制限の次元
meta.ArrayDimension プロパティ検証のサイズ情報
matlab.lang.OnOffSwitchStatelogical 値でオンおよびオフ状態を表す

トピック

プロパティの定義と属性の設定

プロパティの使用方法

プロパティにはさまざまな種類があり、それぞれが異なる目的で使用されます。

プロパティ構文

プロパティを定義する際に、プロパティの動作の特定部分を制御するプロパティ属性も指定します。

プロパティの属性

属性はプロパティの動作を制御します。

プロパティ アクセス リスト

プロパティにアクセスできるクラスのリストを指定します。

可変プロパティと不変プロパティ

どのコードでプロパティ値を設定できるかを制御することができます。

プロパティの定義

クラスでは既定値をプロパティに代入することができます。これらの値はオブジェクトの作成中やプロパティへの直接アクセス中に変更できます。

定数値をもつクラス プロパティの定義

定数値を定義するには、Constant プロパティと共にクラスを使用します。

オブジェクトを含んだプロパティ

既定値としてオブジェクトが代入されたプロパティは、クラスが最初に読み込まれるときにそのオブジェクトを 1 回だけ作成します。また、格納されているオブジェクト プロパティへの代入の動作は、そのオブジェクトがハンドルか値かによって異なります。

プロパティの検証

プロパティ値の検証

プロパティ値をサイズとクラスに制限し、関数を適用して代入値を検証できます。

プロパティのクラスとサイズの検証

プロパティのクラス要件およびサイズ要件の定義。

プロパティの検証関数

プロパティの検証関数により、プロパティに代入されている値をチェックできます。

プロパティ検証へのメタデータ インターフェイス

サイズ、クラス、およびプロパティに割り当てられている値を検証する検証関数について、プログラムにより判別する。

プロパティ アクセス メソッド

プロパティ アクセス メソッド

プロパティ アクセス メソッドは、プロパティ値が参照されたときや代入されたときにコードを実行します。これらのメソッドを実装すると、値の設定やクエリに際してどのようなアクションが発生するかを制御できます。

プロパティ の set メソッド

プロパティの set メソッドは、特定の構文と実行規則に従わなければなりません。

プロパティの get メソッド

プロパティの get メソッドは、特定の構文と実行規則に従わなければなりません。

依存プロパティの set および get メソッド

依存プロパティには値が保存されないため、アクセス メソッドが必要となります。プロパティ アクセス メソッドは依存プロパティの対話式操作を管理します。

動的プロパティ

動的プロパティ — インスタンスへのプロパティの追加

dynamicprops クラスから派生したオブジェクトにインスタンス データを追加することができます。

動的プロパティの Set メソッドおよび Get メソッド

動的プロパティの事実上のアクセス メソッドを実装することができます。

動的プロパティのイベント

動的プロパティの PropertyAdded イベントと PropertyRemoved イベントにリスナーを定義できます。

動的プロパティと ConstructOnLoad

ConstructOnLoad 属性を使用して、動的プロパティの保存と読み込みを行います。