ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mustBeNonsparse

値が非スパースであることを検証し、そうでない場合はエラーを発行

説明

mustBeNonsparse(A) は、A がスパースである場合にエラーを発行します。この関数は値を返しません。

オブジェクトのクラスが次のメソッドを実装する場合、mustBeNonsparse はユーザー定義オブジェクトを受け入れます。

すべて折りたたむ

mustBeNonsparse を使用して、入力が非スパースであることを検証します。

スパース行列の作成には関数 sparse を使用します。

A = [ 0   0   0   5
      0   2   0   0
      1   3   0   0
      0   0   4   0];
S = sparse(A);

S が非スパースであることを検証します。

mustBeNonsparse(S)
Error using mustBeNonsparse (line 13)
Values must not be sparse.

このクラスは Prop1 の値を非スパース値に制約します。

classdef MyClass
   properties
      Prop1 {mustBeNonsparse}
   end
end

オブジェクトを作成して、プロパティに値を割り当てます。

obj = MyClass;
A = [ 0   0   0   5
      0   2   0   0
      1   3   0   0
      0   0   4   0];
obj.Prop1 = sparse(A);
Error setting 'Prop1' property of 'MyClass' class:
Values must not be sparse.

プロパティに値を割り当てると、MATLAB® はプロパティに割り当てた値を使用して mustBeNonsparse を呼び出します。Prop1 に割り当てられた値がスパースであるため、mustBeNonsparse はエラーを発行します。

入力引数

すべて折りたたむ

検証する値。スカラーまたは次のいずれかの配列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char
複素数のサポート: あり

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2017a で導入