ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.lang.OnOffSwitchState クラス

パッケージ: matlab.lang

logical 値でオンおよびオフ状態を表す

説明

matlab.lang.OnOffSwitchStatelogical クラスから派生する列挙型クラスです。このクラスを使用して、'on''off' の各値および論理値 truefalse1 または 0 を受け入れるプロパティのデータ型を指定します。

このクラスを使用して、プロパティ値を次のいずれかの値に制約します。

クラスlogical truelogical false

文字ベクトル

'on'

'off'

string スカラー

"on"

"off"

論理値

true

false

論理値および数値

1

0

列挙型メンバー

matlab.lang.OnOffSwitchState.on

matlab.lang.OnOffSwitchState.off

OnOffSwitchStatelogical クラスから派生するため、これらの列挙型メンバーは論理式で使用できます。

列挙型メンバー

offlogical false
onlogical true

すべて折りたたむ

電力とモニターのオンとオフを個別に切り替えられるコンピューターの状態を表すクラスを作成します。OnOffSwitchState を使用して、これらのプロパティのクラスを定義します。

classdef SystemState
   properties
      Power matlab.lang.OnOffSwitchState = 'off'
      Monitor matlab.lang.OnOffSwitchState = 'off'
   end
   methods
      function val = isOn(obj)
         if ~(obj.Power && obj.Monitor)
            val = matlab.lang.OnOffSwitchState.off;
         else
            val = matlab.lang.OnOffSwitchState.on;
         end
      end
   end
end

SystemState オブジェクトを作成し、プロパティ値を 'on' に設定します。

a = SystemState;
a.Power = 'on';
a.Monitor = 'on';

isOn メソッドを呼び出して、システムの状態を判別します。このメソッドは OnOffSwitchState 列挙により提供される論理値を返します。

if isOn(a)
   ...% System is ready to use
end

詳細

すべて展開する

R2017a で導入