ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

eq, ==

構文

A == B
eq(A,B)

説明

A == B は、配列 A と配列 B が等しい場合、要素を logical 1 (true) に設定した logical 配列を返します。そうでない場合、要素は logical 0 (false) となります。テストでは、数値配列の実数部と虚数部の両方が比較されます。eq は、A または B が NaN か未定義のカテゴリカル要素をもつ場合には、logical 0 (false) を返します。

eq(A,B)A == B の代替方法として実行できますが、まれにしか使われません。これにより、クラスの演算子のオーバーロードが可能です。

すべて折りたたむ

実数と虚数の両方を含む 2 つのベクトルを作成し、それらを比較して等価性を評価します。

A = [1+i 3 2 4+i];
B = [1 3+i 2 4+i];
A == B
ans = 1x4 logical array

   0   0   1   1

関数 eq は、実数部と虚数部両方が等しいかどうかをテストし、どちらもが等しい場合にのみ、logical 1 (true) を返します。

文字ベクトルを作成します。

M = 'masterpiece';

== を使用して、特定の文字があるかどうかをテストします。

M == 'e'
ans = 1x11 logical array

   0   0   0   0   1   0   0   0   1   0   1

logical 1 (true) は、文字 'e' が存在することを示します。

'heads''tails' の 2 つの値をもつ categorical 配列を作成します。

A = categorical({'heads' 'heads' 'tails'; 'tails' 'heads' 'tails'})
A = 2x3 categorical array
     heads      heads      tails 
     tails      heads      tails 

'heads' カテゴリのすべての値を検索します。

A == 'heads'
ans = 2x3 logical array

   1   1   0
   0   1   0

logical 1 (true) は、カテゴリの値を示します。

A の行が等しいかどうかを比較します。

A(1,:) == A(2,:)
ans = 1x3 logical array

   0   1   1

logical 1 (true) は、等しいカテゴリ値をもつ行を示します。

小数のテキストで表された多くの数値は、2 進浮動小数点数として正確に表すことができません。これにより、== 演算子が反映する結果に若干の違いが生じます。

小数で表されている数値に対していくつかの減算演算を実行し、結果を C に格納します。

C = 0.5-0.4-0.1
C = -2.7756e-17

厳密な 10 進演算では、C は "正確に" 0 に等しくなります。その小さい値は、2 進浮動小数点演算の特性によるものです。

C0 を比較して等価性を評価します。

C == 0
ans = logical
   0

浮動小数点数を比較するには、== の代わりに許容誤差 tol を使用します。

tol = eps(0.5);
abs(C-0) < tol
ans = logical
   1

C0 の 2 つの数値は、0.5 に近い連続する 2 つの浮動小数点数よりも互いに近い数です。多くの状況で、C0 と同様に振る舞います。

2 つの datetime 配列の要素を比較します。

タイム ゾーンが異なる 2 つの datetime 配列を作成します。

t1 = [2014,04,14,9,0,0;2014,04,14,10,0,0];
A = datetime(t1,'TimeZone','America/Los_Angeles');
A.Format = 'd-MMM-y HH:mm:ss Z'
A = 2x1 datetime array
   14-Apr-2014 09:00:00 -0700
   14-Apr-2014 10:00:00 -0700

t2 = [2014,04,14,12,0,0;2014,04,14,12,30,0];
B = datetime(t2,'TimeZone','America/New_York');
B.Format = 'd-MMM-y HH:mm:ss Z'
B = 2x1 datetime array
   14-Apr-2014 12:00:00 -0400
   14-Apr-2014 12:30:00 -0400

AB の要素が等しい箇所を確認します。

A==B
ans = 2x1 logical array

   1
   0

入力引数

すべて折りたたむ

左側の配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。数値入力または文字列入力の AB は、同じサイズであるか、互換性のあるサイズでなければなりません (たとえば、AMN 列の行列で、B がスカラーまたは 1N 列の行ベクトル)。詳細については、基本的な演算で互換性のある配列サイズを参照してください。

AB が categorical 配列、datetime 配列または duration 配列の場合、一方がスカラーでない限り、同じサイズでなければなりません。

  • 一方の入力が categorical 配列である場合、他方の入力には categorical 配列、文字ベクトルの cell 配列または単一の文字ベクトルを指定できます。単一の文字ベクトルは、他方の入力と同じサイズの文字ベクトルの cell 配列に拡張されます。両方の入力が順序 categorical 配列である場合は、順序を含めて同じカテゴリ セットでなければなりません。両方の入力が順序ではない categorical 配列である場合は、異なるカテゴリ セットを含めることができます。詳細については、categorical 配列の要素の比較を参照してください。

  • 一方の入力が datetime 配列である場合、他方の入力には datetime 配列、文字ベクトル、または文字ベクトルの cell 配列を指定できます。

  • 一方の入力が duration 配列である場合、他方の入力には duration 配列または数値配列を指定できます。この演算子は各数値を標準日 (24 時間) の数として扱います。

  • 一方の入力が string 配列の場合、他方の入力には string 配列、文字ベクトル、または文字ベクトルの cell 配列を指定できます。AB の対応する要素は、辞書順に比較されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string | categorical | datetime | duration
複素数のサポート: あり

右側の配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。数値入力または文字列入力の AB は、同じサイズであるか、互換性のあるサイズでなければなりません (たとえば、AMN 列の行列で、B がスカラーまたは 1N 列の行ベクトル)。詳細については、基本的な演算で互換性のある配列サイズを参照してください。

AB が categorical 配列、datetime 配列または duration 配列の場合、一方がスカラーでない限り、同じサイズでなければなりません。

  • 一方の入力が categorical 配列である場合、他方の入力には categorical 配列、文字ベクトルの cell 配列または単一の文字ベクトルを指定できます。単一の文字ベクトルは、他方の入力と同じサイズの文字ベクトルの cell 配列に拡張されます。両方の入力が順序 categorical 配列である場合は、順序を含めて同じカテゴリ セットでなければなりません。両方の入力が順序ではない categorical 配列である場合は、異なるカテゴリ セットを含めることができます。詳細については、categorical 配列の要素の比較を参照してください。

  • 一方の入力が datetime 配列である場合、他方の入力には datetime 配列、文字ベクトル、または文字ベクトルの cell 配列を指定できます。

  • 一方の入力が duration 配列である場合、他方の入力には duration 配列または数値配列を指定できます。この演算子は各数値を標準日 (24 時間) の数として扱います。

  • 一方の入力が string 配列の場合、他方の入力には string 配列、文字ベクトル、または文字ベクトルの cell 配列を指定できます。AB の対応する要素は、辞書順に比較されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string | categorical | datetime | duration
複素数のサポート: あり

ヒント

  • ハンドル オブジェクトを比較する場合は、== を使用して、オブジェクトが同じハンドルをもつかどうかをテストします。isequal を使用して、異なるハンドルをもつオブジェクトが等しいプロパティ値をもつかどうかを判定します。

拡張機能

R2006a より前に導入