ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プロパティの使用方法

プロパティとは

プロパティは、クラスのインスタンスに属するデータをカプセル化します。プロパティに含まれるデータは、パブリック、保護、またはプライベートに設定できます。データは、定数値のセットとして固定することも、他の値に依存させ、クエリ時のみに計算することもできます。このようなプロパティの動作の制御は、プロパティ属性の設定およびプロパティ固有のアクセス メソッドの定義によって行います。

オブジェクト プロパティのフレキシビリティ

プロパティは、いくつかの点で struct オブジェクトのフィールドに似ています。しかし、オブジェクト プロパティにデータを格納すると、さらにフレキシビリティがあります。プロパティにより以下のことが可能になります。

クラスを定義して使用するクラスの例については、単純なクラスの作成を参照してください。

プロパティの種類

プロパティには次の 2 種類があります。

  • 保存されたプロパティ — メモリを使用し、オブジェクトの一部です

  • 依存プロパティ — メモリに割り当てられず、クエリ時に get アクセス メソッドによって値が計算されます

保存されたプロパティの特徴

  • クラス定義で初期値を割り当てることができます。

  • プロパティ値は、MAT ファイルにオブジェクトを保存する際に保存されます。

  • set アクセス メソッドを使用して、使用可能な値を制御できますが、このアクセス メソッドは必須ではありません。

保存されたプロパティを使用する場合

  • MAT ファイルにプロパティ値を保存するとき

  • プロパティ値が他のプロパティ値には依存しないとき

依存プロパティの特徴

他の値に依存するプロパティ値は必要に応じてその都度計算できるので、メモリの節約になります。

依存プロパティを使用する場合

以下の場合は、プロパティを依存プロパティとして定義します。

  • 他の値からプロパティ値を計算する場合 (たとえば、面積は WidthHeight プロパティから計算されます)。

  • 他の値に依存して値が異なる形式になる場合。たとえば、プッシュ ボタンのサイズの値は、その Units プロパティの現在の設定によって決定されます。

  • 他の値に依存して特定の値が使用または非使用になる標準インターフェイスがある場合。たとえば、コンピューター プラットフォームが異なると、ツール バーのコンポーネントが異なる場合などです。

依存プロパティを使用するクラスの例については、オンデマンドのデータ計算および異種混合配列のクラス階層を参照してください。

関連するトピック