ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isprop

プロパティが存在する場合は true

構文

tf = isprop(obj,PropertyName)

説明

tf = isprop(obj,PropertyName) は、指定された PropertyNameobj オブジェクトのプロパティである場合に true を返します。それ以外の場合は、関数 isprop は logical 値 false を返します。PropertyName を文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

obj が配列の場合、ispropobj と同じサイズの logical 配列を返します。tf の各 true 要素は、PropertyName プロパティをもつ obj の要素に対応します。

メモ

obj が空のオブジェクトまたは空のオブジェクトからなる配列である場合、PropertyNameobj のプロパティであっても、isprop は空の logical 配列を返します。

オブジェクトのクラスがその名前のプロパティを定義する場合、isproptrue を返しますが、プロパティ属性を定義することで、クラスはプロパティ値へのアクセスを制御できます。プロパティへのアクセス権は以下のように定義できます。

  • 読み取り可能および書き込み可能

  • 読み取り専用

  • 書き込み専用

  • 特定のクラス メソッドにのみアクセス可能

したがって、isprop はプロパティが存在することを示しても、そのプロパティにアクセスできないことがあります。詳細については、プロパティに関する情報の取得を参照してください。

この例では、プロパティ値の設定を試みる前に、isprop を使って XDataSource がオブジェクト h のプロパティであるかどうかを判別します。

h = plot(1:10);
if isprop(h,'XDataSource')
   set(h,'XDataSource','x')
else
   error(['XDataSource not a property of class ',class(h)])
end

XDataSourceh のプロパティであるため、その値は 'x' に設定されます。

R2006a より前に導入