ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

enumeration

クラスの列挙型メンバーと名前

説明

enumeration ClassName は、ClassName という名前の MATLAB® クラスの列挙型メンバーの名前を表示します。

enumeration(obj) は、obj のクラスの列挙型メンバーの名前を表示します。

m = enumeration(___) は、列ベクトル m に列挙型メンバーを返します。

[m,s] = enumeration(___) は列ベクトル m に列挙型メンバーを返し、cell 配列 s にメンバー名を返します。s 内の名前は、要素単位で m 内の列挙型メンバーに対応します。

すべて折りたたむ

matlab.lang.OnOffSwitchState クラスの列挙型メンバー名を表示します。

enumeration matlab.lang.OnOffSwitchState
Enumeration members for class 'matlab.lang.OnOffSwitchState':

    off
    on

列挙型メンバー オブジェクトを使用して、matlab.lang.OnOffSwitchState クラスの列挙型メンバー名を表示します。

e = matlab.lang.OnOffSwitchState.off;
enumeration(e)
Enumeration members for class 'matlab.lang.OnOffSwitchState':

    off
    on

matlab.lang.OnOffSwitchState クラスの列挙型メンバーを列ベクトルで返します。

m = enumeration('matlab.lang.OnOffSwitchState')

matlab.lang.OnOffSwitchState クラスの列挙型メンバーを列ベクトルで返し、列挙型名を cell 配列で返します。

[m,s] = enumeration('matlab.lang.OnOffSwitchState')

入力引数

すべて折りたたむ

列挙型クラス名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

データ型: char | string

列挙型クラスのインスタンス。

出力引数

すべて折りたたむ

列挙型メンバー。列ベクトルとして返されます。

列挙型メンバー名。文字ベクトルの cell 配列として返されます。

詳細

すべて折りたたむ

動作の説明

関数 enumeration の動作。

  • 組み込みクラスから導出される列挙型クラスは、与えられた列挙型メンバーに対して複数の名前を指定できます。

  • 出力引数のない関数 enumeration を呼び出すと、MATLAB は列挙型メンバー (クラス定義で指定されている) ごとに最初の名前のみを表示します。使用可能なすべての列挙型メンバーとその名前を表示するには、2 つの出力引数を使用します。たとえば、[m,s] = enumeration(obj); のようになります。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2009b で導入