Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

イベント

イベントの定義とトリガー、イベントに応答するリスナーの作成

イベントは、オブジェクトに関係する変更や動作が発生したときにブロードキャストされる通知です。リスナーは、特定のイベントが発生したときに実行する関数を定義します。クラスでは、イベントを定義およびトリガーできます。MATLAB® は、コードがオブジェクトのプロパティにアクセスしたときに、事前定義されたイベントをトリガーできます。

関数

eventsイベントの名前
notifyイベントの発生をリスナーに通知
addlistenerイベント ソースにバインドされたイベント リスナーの作成
listenerイベント ソースにバインドされないイベント リスナーの作成
event.hasListenerイベントのリスナーが存在するかどうかを判定

クラス

event.EventDataイベント データの基底クラス
event.ClassInstanceEventInstanceCreated イベントと InstanceDestroyed イベントのイベント データ
event.listenerリスナー オブジェクトを定義するクラス
event.PropertyEventプロパティ イベントのデータ
event.proplistenerプロパティ イベントのリスナー オブジェクトの定義

トピック

イベントとリスナー

リスナーの実装

  • リスナー コールバックの構文
    関数ハンドルを使用してリスナー コールバックを指定します。
  • コールバックの実行
    リスナー コールバックでエラーが発生しても、他のリスナーの実行は妨げられません。ただし、リスナーの実行順序は定義されていません。
  • リスナーのライフサイクル
    MATLAB はリスナーのライフサイクルを管理します。リスナーのライフサイクルをよりうまく制御できるように、コンストラクターは addlistener ではなく listener メソッドを使用してリスナー オブジェクトを作成します。
  • イベントにリスナーがあるかどうかの判定
    特定のイベントやイベント ソースに対して定義されたリスナーがあるかどうかを判定することができます。

プロパティ リスナー

イベントとリスナーの例