Main Content

Simulink.io.FileType.isFileSupported

クラス: Simulink.io.FileType
パッケージ: Simulink.io

ファイル タイプが Simulink でサポートされているかチェック

構文

isSupported = isFileSupported(fullFile)

説明

isSupported = isFileSupported(fullFile) は、fullFile に配置されたファイルが Simulink® でサポートされているかチェックします。

入力引数

すべて展開する

完全修飾ファイル名。文字配列として指定します。

例: C:\mydir\mySignals.csv

データ型: char

出力引数

すべて展開する

ファイル サポート インジケーター。true (1) または false (0) として返されます。

すべて展開する

FileType クラスをサブクラス化し、isFileSupported メソッドを実装します。

classdef MySignalMatFile < Simulink.io.FileType

静的メソッド isFileSupported を実装します。

methods ( Static )
                
        function isSupported = isFileSupported( fileLocation )
            
            isSupported = false;
            
            if exist( fileLocation, 'file' )
                isSupported = true;
            end
            
        end
    end

バージョン履歴

R2020a で導入