Main Content

validateFileNameImpl

クラス: Simulink.io.FileType
パッケージ: Simulink.io

カスタム MAT ファイルのコンテンツの検証

構文

validateFileNameImpl(reader,fileName)

説明

validateFileNameImpl(reader,fileName) は、関連付けられた Simulink.io.FileType reader を使用して、カスタム MAT ファイル fileName の信号の形式を検証します。

入力引数

すべて展開する

リーダー。Simulink.io.FileType オブジェクトとして指定します。

カスタム信号を含む MAT ファイルのファイル名。文字配列として指定します。

データ型: char

すべて展開する

FileType クラスをサブクラス化し、validateFileNameImpl メソッドを実装します。

classdef MySignalMatFile < Simulink.io.FileType

静的メソッド validateFileNameImpl を実装します。

function validateFileNameImpl(aFile,filename) %#ok<INUSL>
%validateFileNameImpl

[~, ~, fileExt] = fileparts( filename );
isSupported = strcmpi(fileExt,'.mat');

if ~isSupported
    error('This file format is not supported by application.');
end

end

バージョン履歴

R2020a で導入