Main Content

sltest.io.SimulinkTestSpreadsheet クラス

パッケージ: sltest.io

Simulink Test で使用される形式でスプレッドシートを読み取り

R2021a 以降

説明

sltest.io.SimulinkTestSpreadsheetSimulink.io.FileType 基底クラスから継承します。Simulink® Test™ への入力として使用される形式に設定されたスプレッドシートを読み取ります。スプレッドシートをインポートするには、このクラスを使用します。

classdef SimulinkTestSpreadsheet < Simulink.io.FileType

メモ

Simulink.io.FileType と同じメソッド、演算子、関数、および例が sltest.io.SimulinkTestSpreadsheet に適用されます。

sltest.io.SimulinkTestSpreadsheet クラスは handle クラスです。

クラス属性

Abstract
false
HandleCompatible
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

プロパティ

すべて展開する

テスト入力用にインポートする信号を含むスプレッドシート ファイルのファイル名。文字配列として指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

バージョン履歴

R2021a で導入