最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション データ インスペクターのインポートおよびエクスポート ファイル形式

CSV ファイルと Microsoft® Excel® ファイルに格納されたデータは、シミュレーション データ インスペクターにインポートして表示および解析できます。また、シミュレーション データ インスペクターのデータを Microsoft Excel ファイルにエクスポートすることもできます。インポートに必要な形式は、シミュレーション データ インスペクターからデータをエクスポートしたときに生成される形式と同じです。ファイルには時間データと信号データが必ず含まれており、各信号に関連付けられたメタデータをオプションで含めることもできます。

標準ファイル形式

CSV ファイルと Microsoft Excel ファイルの最も簡潔な形式では、最初の行は信号の名前をリストするヘッダーで、最初の列は時間です。時間ベクトルの名前は time にしなければなりません。後続の列には単調増加する各タイム ステップに対応する信号値がリストされます。

シミュレーション データ インスペクターは、Inf 値と NaN 値が含まれる時間ベクトルまたは Inf サンプル値が含まれる信号をサポートしません。NaN または空のサンプル値は欠損データとしてレンダリングされます。すべての組み込みデータ型と enum のデータ型がサポートされます。信号に enum データ型がある場合、列挙型クラスの名前を信号名と最初のデータ点との間の行にラベル Enum: で指定します (Enum: myEnum など)。列挙型クラスの定義は MATLAB® パスになければなりません。

複数の時間ベクトル

データにさまざまな時間ベクトルをもつ信号が含まれている場合は、ファイルに複数の時間ベクトルを含めることができます。すべての時間ベクトルの名前は time でなければなりません。時間ベクトルは、次の時間ベクトルまで右側の信号に対するタイム ステップを指定します。たとえば、時間列は最初に signal1signal2 の時間を定義し、2 番目に signal3 のタイム ステップを定義します。

信号列は、関連付けられた時間ベクトルと同じ数のデータ点がなければなりません。

信号メタデータ

ファイルには、各信号のデータ型、単位、内挿法、ブロック パス、端子インデックスを示すための信号のメタデータを含めることができます。各信号のメタデータは、信号名と信号データの間の行にリストされます。各メタデータは、以下の表に従ってラベル付けされます。

プロパティ名
データ型Type:
単位Unit:
内挿法Interp:
ブロック パスBlockPath:
端子インデックスPortIndex:

インポートしたファイルに信号メタデータが指定されていない場合、シミュレーション データ インスペクターは double データ型と linear 内挿を仮定します。内挿法は linearzoh (ゼロ次ホールドの場合) または none として指定できます。ファイル内の信号に単位が指定されていない場合、ファイルをインポートした後に、シミュレーション データ インスペクターで信号に単位を割り当てることができます。サポートされている単位のリストについては、MATLAB コマンド ラインで showunitslist と入力してください。

ファイル内の各信号に、メタデータの任意の組み合わせを指定できます。指定したメタデータがない場合、信号を空白セルのままにします。

複素信号、多次元信号、バス信号

CSV ファイルと Microsoft Excel ファイルを使用して、複素信号、多次元信号、バス信号をインポートおよびエクスポートできます。データの列の信号名が、そのデータが複素信号、多次元信号、またはバス信号の一部であるかどうかを示します。

多次元信号の場合、小かっこで囲まれたインデックス情報が含まれます。たとえば、列の信号名は signal1(2,3) などになります。多次元信号データを含むファイルからデータをインポートすると、ファイルに含まれていないデータの要素はゼロのサンプル値を取り、その他の要素と同じデータ型と、実数/複素数が使用されます。

複素信号のデータは常に実数-虚数形式を取ります。複素信号のデータを含む列の信号名は、(real) および (imag) を含み、それぞれ実数データの列と虚数データの列を示します。虚数の信号データを含むファイルからデータをインポートするとき、信号の実数成分の値が指定されていなければ、その信号値の実数成分は既定でゼロになります。

多次元信号は、複素数データを含むことができます。信号名には、多次元信号内のインデックスと実数または虚数のタグを示す指標を含みます。たとえば、signal1(1,3)(real) のようになります。

信号名に含まれるドットは、バス信号の階層を指定します。以下に例を示します。

  • busSignal.x

  • busSignal.y.a

バス データ型の仕様をもつバス信号には、そのバスを定義する Simulink.Bus オブジェクトの名前を示すメタデータ行を含むこともできます。その場合、ラベルは Bus: です。

参考

|

関連するトピック