Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション結果の検証と解析

シミュレーション データ インスペクターを使用してシミュレーション結果を検証および比較し、モデルの設計を検証

シミュレーション データ インスペクターを使用して複数のシミュレーションのデータを検証および比較できます。たとえば、2 つの信号の差異が特定の設計許容誤差内に収まるかどうかなどを確認できます。詳細については、シミュレーション データ インスペクターを参照してください。

ツール

すべて展開する

シミュレーション データ インスペクターデータとシミュレーション結果を検査および比較し、モデルの設計を検証して反復します。

関数

すべて展開する

一般

Simulink.sdi.viewシミュレーション データ インスペクターを開く
Simulink.sdi.closeシミュレーション データ インスペクターを閉じる
Simulink.sdi.clearAllSubPlotsシミュレーション データ インスペクターのすべてのサブプロットからプロットされた信号をクリアする
Simulink.sdi.snapshotシミュレーション データ インスペクター プロットのコンテンツをキャプチャ
Simulink.sdi.clearPreferences既定の設定にシミュレーション データ インスペクター基本設定を戻す
Simulink.sdi.saveView可視化設定を保存して他のデータに適用
Simulink.sdi.loadViewビュー ファイルを読み込んで、シミュレーション データ インスペクターでデータを可視化

並列ワークフローのサポート

Simulink.sdi.enablePCTSupport並列シミュレーションからシミュレーション データ インスペクターにデータをインポートするタイミングを制御
Simulink.sdi.isPCTSupportEnabledParallel Computing Toolbox サポートのステータスとモードを判別
Simulink.sdi.sendWorkerRunToClient並列ワーカーで作成された実行をシミュレーション データ インスペクターに送信
Simulink.sdi.cleanupWorkerResourcesワーカー リポジトリをクリーンアップ

時間プロット外観のカスタマイズ

Simulink.sdi.setSubPlotLayoutシミュレーション データ インスペクターでサブプロット レイアウトを設定
Simulink.sdi.setTableGrouping[検査] ペインで信号のグループ化階層を変更
Simulink.sdi.getMarkersOnシミュレーション データ インスペクターでデータ マーカーが表示されるかどうかを判断する
Simulink.sdi.setMarkersOnプロットされた信号でマーカーを表示または非表示
Simulink.sdi.getGridOn時間プロットのグリッド構成を決定
Simulink.sdi.setGridOn時間プロットのグリッド ラインを構成
Simulink.sdi.getTicksPosition時間プロットの目盛り位置の設定を取得
Simulink.sdi.setTicksPosition時間プロットの目盛りの位置を構成
Simulink.sdi.getTickLabelsDisplay時間プロットの目盛りラベルの設定を取得
Simulink.sdi.setTickLabelsDisplay時間プロットの軸の目盛りラベルの可視性を構成
Simulink.sdi.getBorderOn時間プロットの枠線表示の設定を取得
Simulink.sdi.setBorderOn時間プロットの枠線を表示または非表示
Simulink.sdi.compareRuns2 つのシミュレーション実行でデータを比較
Simulink.sdi.compareSignals2 つの信号からデータを比較する
Simulink.sdi.getCurrentComparison最新の比較からの結果へのアクセス
Simulink.sdi.DiffRunResult.getLatest最新の比較からの結果へのアクセス
getResultByIndex信号の比較結果を返す
saveResult比較結果の MLDATX ファイルへの保存

実行の作成とアクセス

Simulink.sdi.Run.getLatest最後に作成されたシミュレーション データ インスペクターの実行を取得
Simulink.sdi.getCurrentSimulationRun進行中のシミュレーションまたは最後に完了したシミュレーションのデータにアクセスする
Simulink.sdi.createRunシミュレーション データ インスペクターで実行を作成する
Simulink.sdi.getRunシミュレーション データ インスペクターの実行のデータにアクセス
Simulink.sdi.copyRunシミュレーション データ インスペクター実行のコピー
Simulink.sdi.addToRun1 つ以上の信号を既存の実行に追加
Simulink.sdi.exportRunシミュレーション データ インスペクターの実行データをワークスペースまたはファイルにエクスポート
Simulink.sdi.deleteRunシミュレーション データ インスペクター リポジトリから実行を削除
Simulink.sdi.getRunCountシミュレーション データ インスペクター リポジトリ内の実行数を取得
Simulink.sdi.getRunIDByIndexシミュレーション データ インスペクターの実行インデックスを使用して実行 ID を取得
Simulink.sdi.getAllRunIDsシミュレーション データ インスペクターのすべての実行識別子を取得
Simulink.sdi.isValidRunID実行 ID が有効かどうか判断する
Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRunすべてのシミュレーション出力に対する単一の信号の作成

オブジェクト関数の実行

add信号を Simulink.sdi.Run オブジェクトに追加
exportベース ワークスペースまたはファイルへの実行のエクスポート
getAllSignalIDsSimulink.sdi.Run オブジェクト内の信号の信号 ID をすべて取得する
getAllSignalsSimulink.sdi.Run オブジェクト内のすべての信号を取得
getDatasetRefワーカー実行の DatasetRef を作成する
getSignalByIndexインデックスによって Simulink.sdi.Run オブジェクト内の信号を取得
getSignalIDByIndexSimulink.sdi.Run オブジェクト内の指定されたインデックスにある信号の信号 ID を取得
getSignalIDsByName信号名を使用して Simulink.sdi.Run オブジェクト内の信号の信号 ID を取得
getSignalsByName信号名を使用して Simulink.sdi.Run オブジェクトの信号にアクセス
isValidSignalID信号 ID が Simulink.sdi.Run オブジェクトの信号に対応するかどうかをチェック

管理設定の実行

Simulink.sdi.getRunNamingRule実行の命名に関するシミュレーション データ インスペクターの規則を取得
Simulink.sdi.setRunNamingRuleシミュレーション データ インスペクターの実行の命名規則を指定
Simulink.sdi.resetRunNamingRuleシミュレーション データ インスペクターの実行の命名規則を既定値に戻す
Simulink.sdi.copyRunViewSettings信号のライン スタイルと色を、ある実行から別の実行にコピー

信号へのアクセス

Simulink.sdi.getSignal信号の Simulink.sdi.Signal オブジェクトを取得
Simulink.sdi.deleteSignalシミュレーション データ インスペクター リポジトリから信号を削除
Simulink.sdi.markSignalForStreaming信号のログ作成をオンまたはオフにする

信号オブジェクト関数

convertUnits Simulink.sdi.Signal オブジェクトの単位を変換
export Simulink.sdi.Signal オブジェクトをワークスペースまたはファイルにエクスポート
getAsTall Simulink.sdi.Signal オブジェクトから tall timetable を作成
plotOnSubPlot シミュレーション データ インスペクターのサブプロットで Simulink.sdi.Signal オブジェクトをプロット
Simulink.sdi.getArchiveRunLimitシミュレーション データ インスペクター アーカイブに構成された実行制限を確認
Simulink.sdi.setArchiveRunLimitシミュレーション データ インスペクターのアーカイブに格納される実行数の制限を指定
Simulink.sdi.getAutoArchiveModeシミュレーション データ インスペクターで自動的にアーカイブするよう構成するかどうかを判断
Simulink.sdi.setAutoArchiveModeシミュレーション データ インスペクターでシミュレーションの実行を自動的にアーカイブするかどうかを指定
Simulink.sdi.saveシミュレーション データ インスペクター セッションの保存
Simulink.sdi.loadシミュレーション データ インスペクターのセッションまたはビューの読み込み
Simulink.sdi.clearシミュレーション データ インスペクターからすべてのデータを消去する
Simulink.sdi.reportシミュレーション データ インスペクター レポートを生成する
loadIntoMemoryログ データをメモリに読み込む

クラス

すべて展開する

Simulink.sdi.Run実行信号とメタデータにアクセスする
Simulink.sdi.Signal 信号データおよびメタデータにアクセスする
Simulink.SimulationData.Parameterログ記録されたパラメーター データとメタデータを保存
Simulink.sdi.DiffRunResult実行比較結果へのアクセス
Simulink.sdi.DiffSignalResult信号の比較結果にアクセスする
Simulink.sdi.CustomSnapshot シミュレーション データ インスペクターを開かずにまたは影響を与えずに、スナップショットの設定を指定する
Simulink.sdi.WorkerRun 並列ワーカーからシミュレーション データにアクセスする
Simulink.SimulationData.DatasetSimulink.SimulationData.Dataset オブジェクトの作成
Simulink.sdi.DatasetRefシミュレーション データ インスペクター リポジトリ内のデータにアクセスする
matlab.io.datastore.sdidatastore シミュレーション データ インスペクター信号のデータ ストア
Simulink.HMI.InstrumentedSignals信号ログの指定の保存と復元
Simulink.HMI.SignalSpecificationプログラムで Dashboard ブロックを信号に接続する
Simulink.sdi.constraints.MatchesSignalシミュレーション データ インスペクターを使用した時系列データと許容誤差との比較を行う制約
Simulink.sdi.constraints.MatchesSignalOptionsSimulink.sdi.MatchesSignal 制約の比較オプションの指定

トピック

シミュレーション データの可視化方法の決定

モデル化およびシミュレーションの各タスクに対して、最適な可視化手法を選択する。

シミュレーション データ インスペクターでのデータの表示

シミュレーション データ インスペクターを使用して、設計プロセスのすべての段階でデータを表示する。

シミュレーション データの検証

シミュレーションからのデータまたはインポートしたデータからのデータを表示および検証する。

シミュレーション データ インスペクターにおける信号プロパティの変更

信号プロパティを変更して、データを解析し、新しい信号を生成します。

シミュレーション データの比較

信号またはシミュレーション実行を比較します。

シミュレーション データ インスペクターでデータを比較する方法

シミュレーション データ インスペクターは、実行の比較時に指定した許容誤差と信号の整列手法を適用します。

対話型比較レポートの作成

シミュレーション データ インスペクターの比較結果を対話型 Web レポートに保存して共有する。

シミュレーション データ インスペクターのデータと表示の保存および共有

エクスポートしたデータ、シミュレーション データ インスペクターのセッションとビュー、プロット イメージと Figure を共有する。

シミュレーション データ インスペクターを使用したプロットの作成

プロットを作成してデータを解析および提供します。

シミュレーション データ インスペクター ワークスペースの構成

インターフェイスの整列と解析する信号を変更する。

シミュレーション中の MATLAB 関数でのデータへのアクセス

処理および可視化のために、シミュレーション中の信号データを MATLAB® コールバック関数にストリームします。

プログラムによるデータの検証と比較

シミュレーション データ インスペクター API を使用してシミュレーション データをプロットして比較する。

シミュレーション データ インスペクターのキーボード ショートカット

キーボードを使用して、シミュレーション データ インスペクターを制御します。

注目の例