Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

io.reader クラス

パッケージ: io

シミュレーション データ インスペクターのカスタム変数またはファイル リーダーの定義に使用される基底クラス

説明

io.reader 基底クラスを使用して、カスタム変数とファイル形式をシミュレーション データ インスペクターにインポートする方法を指定します。io.reader メソッドを使用するクラス定義ファイルを記述して、変数またはファイルから時間値やデータ値などの情報を抽出する方法を指定します。次の構文を、io.reader クラスから継承するクラス定義ファイルの最初の行として使用します。MyReader はサブクラスの名前です。

classdef MyReader < io.reader

カスタム ファイル リーダーの記述および使用方法を示す例については、カスタム ファイル リーダーを使用したデータのインポートを参照してください。

カスタム ワークスペース データ リーダーの記述および使用方法を示す例については、カスタム データ リーダーを使用したワークスペース変数のインポートを参照してください。

io.reader クラスは handle クラスです。

クラス属性

Abstract
true
HandleCompatible
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

プロパティ

すべて展開する

ファイルのインポートにサブクラスを使用する場合のインポートされたファイルの名前。文字配列として指定します。

例: 'MyCustomFile'

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

インポートされた変数または信号の名前。文字配列として指定します。

例: 'MyVar'

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

インポートされた変数。VariableValue プロパティはワークスペースまたはファイル内の変数と同じデータ型をもちます。VariableValue プロパティを使用してメソッド定義内の変数データにアクセスします。

例: MyVar

属性:

GetAccess
public
SetAccess
public

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | char | string | struct | enumerated | bus | table | cell | categorical | datetime | duration | calendarDuration | fi

メソッド

すべて展開する

R2020b で導入