Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

シミュレーション データ インスペクター

データとシミュレーション結果を検査および比較し、モデルの設計を検証して反復します。

説明

シミュレーション データ インスペクターは、複数の種類のデータを可視化して比較します。

シミュレーション データ インスペクターを使用して、ワークフローの複数の段階で時系列データを検証および比較できます。この例では、シミュレーション データ インスペクターによる設計サイクルのすべての段階のサポート方法について示します。

  1. シミュレーション データ インスペクターでのデータの表示.

    シミュレーション データ インスペクターにデータのログを作成するように構成されたモデル内でシミュレーションを実行するか、ワークスペースまたは MAT ファイルからデータをインポートします。モデルのブロック線図、パラメーター値、モデル コンフィギュレーションを繰り返し変更しながら、モデルの入力データを表示して確認したり、記録されたシミュレーション データを検証できます。

  2. シミュレーション データの検証.

    複数のサブプロットに信号をプロットしたり、指定されたプロットの座標軸を拡大/縮小したり、データ カーソルを使ってデータを理解および評価します。シミュレーション データ インスペクターを使用したプロットの作成で解説します。

  3. シミュレーション データの比較

    個々の信号またはシミュレーションの実行を比較し、相対許容誤差、絶対許容誤差、および時間の許容誤差との比較結果を解析できます。シミュレーション データ インスペクターの比較ツールは、反復設計を容易にし、許容誤差の要件を満たしていない信号を強調表示できます。比較演算の詳細については、シミュレーション データ インスペクターでデータを比較する方法を参照してください。

  4. シミュレーション データ インスペクターのデータと表示の保存および共有.

    シミュレーション データ インスペクターのデータとビューを保存して、他のユーザーと所見を共有します。

コマンド ラインからシミュレーション データ インスペクターの機能を利用することもできます。詳細については、プログラムによるデータの検証と比較を参照してください。

シミュレーション データ インスペクター を開く

  • Simulink® ツールストリップ: [シミュレーション] タブで、[結果の確認] にある [データ インスペクター] をクリックします。

  • 信号のストリーミング バッジをクリックしてシミュレーション データ インスペクターを開き、信号をプロットします。

  • MATLAB® コマンド プロンプト: 「Simulink.sdi.view」と入力します。

すべて展開する

シミュレーション データ インスペクターのプログラムによるインターフェイスを使用して、複数の実行の同じ信号に対するパラメーターを変更できます。この例では、0.1 の絶対許容誤差をデータの 4 つの実行すべての信号に追加します。

最初に、ワークスペースをクリアして、データを含むシミュレーション データ インスペクター セッションを読み込みます。セッションには、航空機用縦方向コントローラーの Simulink® モデルの 4 つのシミュレーションからのログ データが含まれます。

Simulink.sdi.clear
Simulink.sdi.load('AircraftExample.mldatx');

関数 Simulink.sdi.getRunCount を使用して、シミュレーション データ インスペクターに含まれている実行の数を取得します。この数値を、各実行で動作する for ループのインデックスとして使用できます。

count = Simulink.sdi.getRunCount;

次に、for ループを使用して 0.1 の絶対許容誤差を各実行の最初の信号に割り当てます。

for a = 1:count
    runID = Simulink.sdi.getRunIDByIndex(a);
    aircraftRun = Simulink.sdi.getRun(runID);
    sig = getSignalByIndex(aircraftRun,1);
    sig.AbsTol = 0.1;
end

関連する例

プログラムによる使用

すべて展開する

Simulink.sdi.view では MATLAB コマンド ラインからシミュレーション データ インスペクターを開きます。

R2010b で導入