最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション データ インスペクター

データとシミュレーション結果を検査および比較し、モデルの設計を検証して反復します。

説明

シミュレーション データ インスペクターは、複数の種類のデータを可視化して比較します。

シミュレーション データ インスペクターを使用して、ワークフローの複数の段階で時系列データを検証および比較できます。この例では、シミュレーション データ インスペクターによる設計サイクルのすべての段階のサポート方法について示します。

  1. シミュレーション データ インスペクターでのデータの表示.

    シミュレーション データ インスペクターにデータのログを作成するように構成されたモデル内でシミュレーションを実行するか、ワークスペースまたは MAT ファイルからデータをインポートします。モデルのブロック線図、パラメーター値、モデル コンフィギュレーションを繰り返し変更しながら、モデルの入力データを表示して確認したり、記録されたシミュレーション データを検証できます。

  2. シミュレーション データの検証.

    複数のサブプロットに信号をプロットしたり、指定されたプロットの座標軸を拡大/縮小したり、データ カーソルを使ってデータを理解および評価します。シミュレーション データ インスペクターを使用したプロットの作成で解説します。

  3. シミュレーション データの比較

    個々の信号またはシミュレーションの実行を比較し、相対許容誤差、絶対許容誤差、および時間の許容誤差との比較結果を解析できます。シミュレーション データ インスペクターの比較ツールは、反復設計を容易にし、許容誤差の要件を満たしていない信号を強調表示できます。比較演算の詳細については、シミュレーション データ インスペクターでデータを比較する方法を参照してください。

  4. シミュレーション データ インスペクターのデータと表示の保存および共有.

    シミュレーション データ インスペクターのデータとビューを保存して、他のユーザーと所見を共有します。

コマンド ラインからシミュレーション データ インスペクターの機能を利用することもできます。詳細については、プログラムによるデータの検証と比較を参照してください。

シミュレーション データ インスペクター を開く

  • Simulink® ツールストリップ: [シミュレーション] タブで、[結果の確認] にある [データ インスペクター] をクリックします。

  • 信号のストリーミング バッジをクリックしてシミュレーション データ インスペクターを開き、信号をプロットします。

  • MATLAB® コマンド プロンプト: 「Simulink.sdi.view」と入力します。

すべて展開する

この例では、Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun を使用してモデルの既存の実行にデータを追加する方法について説明します。この例では、ログ記録された状態データをシミュレーションで作成された実行に追加します。

モデルのシミュレーション

モデルのシミュレーションを実行し、データを生成します。モデル slexAircraftExample は出力のログを記録するように設定されているため、シミュレーション データ インスペクターはログに記録された出力端子データで自動的に実行を作成します。このシミュレーション構文を使用する場合、out には出力端子データ (yout) と状態データ (xout) が含まれます。

load_system('slexAircraftExample')
out = sim('slexAircraftExample','ReturnWorkspaceOutputs','on',...
            'SaveFormat','Dataset');

ログ記録された状態データを実行に追加

シミュレーション データ インスペクターによって、ログ記録された出力端子データの実行が自動的に作成されました。ログ記録された状態データを Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun を使用して既存の実行に追加します。

Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun('slexAircraftExample','Run 1',...
              {'out'},{out});

シミュレーション データ インスペクターを開いて結果を表示

Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun を使用するとシミュレーション データ インスペクターに表示されるデータの冗長性が回避されます。Simulink.sdi.createRun を使用して状態データをシミュレーション データ インスペクターに渡すと、2 番目の実行が作成されます。Simulink.sdi.addToRun は出力端子データから重複する信号を作成します。Simulink.sdi.createRunOrAddToStreamedRun を使用すると、どの信号も重複させずにすべてのシミュレーション データを単一の実行に含めることができます。

Simulink.sdi.view

この例では、シミュレーション データ インスペクターに含まれるすべての実行のパラメーターをプログラムで変更する方法を示します。

実行の生成

vdp モデルを読み込み、ログを作成する x1 信号と x2 信号をマークします。次に、いくつかのシミュレーションを実行します。

% Clear all data from the Simulation Data Inspector repository
Simulink.sdi.clear

% Load the model and mark signals of interest for streaming
load_system('vdp')
Simulink.sdi.markSignalForStreaming('vdp/x1',1,'on')
Simulink.sdi.markSignalForStreaming('vdp/x2',1,'on')

% Simulate the model with several Mu values
for gain = 1:5
    gainVal = num2str(gain);
    set_param('vdp/Mu','Gain',gainVal)
    sim('vdp');
end

Simulink.sdi.getRunCount を使用して x1 信号に許容誤差を割り当て

count = Simulink.sdi.getRunCount;

for a = 1:count
    runID = Simulink.sdi.getRunIDByIndex(a);
    vdpRun = Simulink.sdi.getRun(runID);
    sig = vdpRun.getSignalByIndex(1);
    sig.AbsTol = 0.1;
end

% Open the Simulation Data Inspector to view your data
Simulink.sdi.view

関連する例

プログラムによる使用

すべて展開する

Simulink.sdi.view では MATLAB コマンド ラインからシミュレーション データ インスペクターを開きます。

R2010b で導入