Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

プログラムによるデータの検証と比較

シミュレーション データ インスペクター API を使用して、MATLAB® コマンド ラインからシミュレーション データ インスペクターの機能を利用できます。

シミュレーション データ インスペクターでは実行と信号のデータを整理し、各実行と信号に固有の数値識別子を割り当てます。シミュレーション データ インスペクター API 関数は、実行または信号そのものを入力として受け入れるのではなく、実行 ID および信号 ID を使用してデータを参照します。ワークスペースの実行 ID にアクセスするには、Simulink.sdi.getAllRunIDs または Simulink.sdi.getRunIDByIndex を使用できます。getSignalIDByIndex メソッドを使って Simulink.sdi.Run オブジェクトにより信号 ID にアクセスできます。

Simulink.sdi.Run クラスと Simulink.sdi.Signal クラスはデータへのアクセスを提供し、実行および信号メタデータの表示と変更を可能にします。Simulink.sdi.setSubPlotLayoutSimulink.sdi.setRunNamingRuleSimulink.sdi.setMarkersOn などの関数を使用してシミュレーション データ インスペクターの基本設定を変更できます。シミュレーション データ インスペクターの既定の設定に戻すには、Simulink.sdi.clearPreferences を使用します。

実行を作成してデータを表示

この例では、実行を作成してそこにデータを追加してから、シミュレーション データ インスペクターでデータを表示する方法を示します。

実行からデータを作成

timeseries オブジェクトを作成し、正弦信号と余弦信号のデータを含めます。各 timeseries オブジェクトに説明的な名前を付けます。

time = linspace(0,20,100);

sine_vals = sin(2*pi/5*time);
sine_ts = timeseries(sine_vals,time);
sine_ts.Name = 'Sine, T=5';

cos_vals = cos(2*pi/8*time);
cos_ts = timeseries(cos_vals,time);
cos_ts.Name = 'Cosine, T=8';

実行の作成とデータの追加

関数 Simulink.sdi.view を使用して、シミュレーション データ インスペクターを開きます。

Simulink.sdi.view

データをワークスペースからシミュレーション データ インスペクターにインポートするには、関数 Simulink.sdi.Run.create を使用して Simulink.sdi.Run オブジェクトを作成します。Run オブジェクトの Name プロパティと Description プロパティを使用して、実行に関する情報をそのメタデータに追加します。

sinusoidsRun = Simulink.sdi.Run.create;
sinusoidsRun.Name = 'Sinusoids';
sinusoidsRun.Description = 'Sine and cosine signals with different frequencies';

関数 add を使用して、ワークスペースで作成したデータを空の実行に追加します。

add(sinusoidsRun,'vars',sine_ts,cos_ts);

シミュレーション データ インスペクターでのデータのプロット

関数 getSignalByIndex を使用して、信号データが含まれる Simulink.sdi.Signal オブジェクトにアクセスします。Simulink.sdi.Signal オブジェクトのプロパティを使用して、信号のライン スタイルと色を指定し、シミュレーション データ インスペクターにプロットできます。各信号の LineColor プロパティと LineDashed プロパティを指定します。

sine_sig = getSignalByIndex(sinusoidsRun,1);
sine_sig.LineColor = [0 0 1];
sine_sig.LineDashed = '-.';

cos_sig = sinusoidsRun.getSignalByIndex(2);
cos_sig.LineColor = [0 1 0];
cos_sig.LineDashed = '--';

関数 Simulink.sdi.setSubPlotLayout を使用して、シミュレーション データ インスペクターのプロット領域で 21 列のサブプロット レイアウトを設定します。次に、関数 plotOnSubplot を使用して、上のサブプロットに正弦信号をプロットし、下のサブプロットに余弦信号をプロットします。

Simulink.sdi.setSubPlotLayout(2,1);

plotOnSubPlot(sine_sig,1,1,true);
plotOnSubPlot(cos_sig,2,1,true);

シミュレーション データ インスペクターを閉じてデータを保存

プロットされた信号データの検査が完了したら、シミュレーション データ インスペクターを閉じて、セッションを MLDATX ファイルに保存できます。

Simulink.sdi.close('sinusoids.mldatx')

同じ実行内に含まれる 2 つの信号の比較

シミュレーション データ インスペクターのプログラムによるインターフェイスを使用して、同じ実行内の信号を比較できます。この例では、航空機用縦方向コントローラーの入力信号と出力信号を比較します。

最初に、データを含むセッションを読み込みます。

Simulink.sdi.load('AircraftExample.mldatx');

関数 Simulink.sdi.Run.getLatest を使用してデータ内の最新の実行にアクセスします。

aircraftRun = Simulink.sdi.Run.getLatest;

次に、関数 Simulink.sdi.getSignalsByName を使用して、コントローラーへの入力を表す Stick 信号と、出力を表す alpha, rad 信号にアクセスできます。

stick = getSignalsByName(aircraftRun,'Stick');
alpha = getSignalsByName(aircraftRun,'alpha, rad');

信号を比較する前に、比較に使用する許容誤差値を指定できます。比較のベースライン信号に指定された許容誤差値が使用されるため、Stick 信号に 0.1 の絶対許容誤差値を設定します。

stick.AbsTol = 0.1;

ここで、関数 Simulink.sdi.compareSignals を使用して信号を比較します。Stick 信号はベースラインで、alpha, rad 信号はベースラインと比較される信号です。

comparisonResults = Simulink.sdi.compareSignals(stick.ID,alpha.ID);
match = comparisonResults.Status
match = 
OutOfTolerance

比較結果は許容誤差の範囲外です。関数 Simulink.sdi.view を使用して、シミュレーション データ インスペクターを開き、比較結果を表示および解析できます。

グローバル許容誤差を使用して実行を比較

2 つのシミュレーション実行の比較に使用するグローバル許容誤差値を指定できます。グローバル許容誤差値は実行内のすべての信号に適用されます。この例では、実行比較のグローバル許容誤差値を指定する方法と、比較結果を解析して保存する方法を説明します。

まず、比較するデータを含むセッション ファイルを読み込みます。セッション ファイルには航空機用縦方向コントローラーの 4 つのシミュレーションに対するデータが含まれます。この例では、さまざまな入力フィルターの時定数を使用する 2 つの実行のデータを比較します。

Simulink.sdi.load('AircraftExample.mldatx');

比較する実行データにアクセスするには、関数Simulink.sdi.getAllRunIDsを使用して、最新の 2 つのシミュレーション実行に対応する実行 ID を取得します。

runIDs = Simulink.sdi.getAllRunIDs;
runID1 = runIDs(end - 1);
runID2 = runIDs(end);

関数Simulink.sdi.compareRunsを使用して実行を比較します。グローバル相対許容誤差の値 0.2 およびグローバル時間許容誤差の値 0.5 を指定します。

runResult = Simulink.sdi.compareRuns(runID1,runID2,'reltol',0.2,'timetol',0.5);

返された Simulink.sdi.DiffRunResult オブジェクトの Summary プロパティをチェックし、信号が許容誤差値の範囲内または範囲外のどちらであるのかを確認します。

runResult.Summary
ans = struct with fields:
       OutOfTolerance: 0
      WithinTolerance: 3
            Unaligned: 0
        UnitsMismatch: 0
                Empty: 0
             Canceled: 0
          EmptySynced: 0
     DataTypeMismatch: 0
         TimeMismatch: 0
    StartStopMismatch: 0
          Unsupported: 0

3 つの信号の比較結果はすべて指定したグローバル許容誤差の範囲内にあります。

関数saveResultを使用して、比較の結果を MLDATX ファイルに保存できます。

saveResult(runResult,'InputFilterComparison');

信号の許容誤差を使用したシミュレーション データの解析

シミュレーション データ インスペクターを使用して、実行した比較で使用する信号の許容誤差値をプログラムによって指定できます。この例では、航空機用縦方向飛行制御システムのモデルをシミュレーションして収集したデータを比較します。各シミュレーションは入力フィルターの時定数に異なる値を使用して、入出力信号をログに記録します。シミュレーション データ インスペクターと信号許容誤差を使用して結果を比較し、時定数の変更の影響を解析します。

まず、シミュレーション データを含むセッション ファイルを読み込みます。

Simulink.sdi.load('AircraftExample.mldatx');

セッション ファイルには 4 つの実行が含まれます。この例では、ファイル内の最初の 2 つの実行からデータを比較します。ファイルから読み込まれた最初の 2 つの実行について、Simulink.sdi.Run オブジェクトにアクセスします。

runIDs = Simulink.sdi.getAllRunIDs;
runIDTs1 = runIDs(end-3);
runIDTs2 = runIDs(end-2);

次に、許容誤差を指定しないで 2 つの実行を比較します。

noTolDiffResult = Simulink.sdi.compareRuns(runIDTs1,runIDTs2);

関数 getResultByIndex を使用して q 信号と alpha 信号の比較結果にアクセスします。

qResult = getResultByIndex(noTolDiffResult,1);
alphaResult = getResultByIndex(noTolDiffResult,2);

各信号結果の Status をチェックし、比較結果が許容誤差の範囲内または範囲外にあるかどうかを判断します。

qResult.Status
ans = 
OutOfTolerance
alphaResult.Status
ans = 
OutOfTolerance

比較では、すべての許容誤差に 0 の値を使用するため、OutOfTolerance の結果は信号が同一でないことを意味します。

信号の許容誤差値を指定して、時定数の影響をさらに解析できます。比較対象の信号に対応する Simulink.sdi.Signal オブジェクトのプロパティを設定し、許容誤差を指定します。比較ではベースライン信号に対して指定された許容誤差が使用されます。この例では、時間の許容誤差と絶対許容誤差を指定します。

許容誤差を指定するには、最初にベースライン実行から Signal オブジェクトにアクセスします。

runTs1 = Simulink.sdi.getRun(runIDTs1);
qSig = getSignalsByName(runTs1,'q, rad/sec');
alphaSig = getSignalsByName(runTs1,'alpha, rad');

AbsTol プロパティと TimeTol プロパティを使用して、q 信号に対して 0.1 の絶対許容誤差と 0.6 の時間の許容誤差を指定します。

qSig.AbsTol = 0.1;
qSig.TimeTol = 0.6;

alpha 信号に対して、0.2 の絶対許容誤差と 0.8 の時間の許容誤差を指定します。

alphaSig.AbsTol = 0.2;
alphaSig.TimeTol = 0.8;

結果を再度比較します。比較の結果にアクセスし、各信号の Status プロパティをチェックします。

tolDiffResult = Simulink.sdi.compareRuns(runIDTs1,runIDTs2);
qResult2 = getResultByIndex(tolDiffResult,1);
alphaResult2 = getResultByIndex(tolDiffResult,2);

qResult2.Status
ans = 
WithinTolerance
alphaResult2.Status
ans = 
WithinTolerance

参考

関連するトピック