最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.setSubPlotLayout

シミュレーション データ インスペクターでサブプロット レイアウトを設定

説明

Simulink.sdi.setSubPlotLayout(r,c) は、指定した行数 r および列数 c を使用して、シミュレーション データ インスペクターでプロットのグリッド レイアウトを設定します。

すべて折りたたむ

% Change subplot layout to 4 rows and 2 columns
Simulink.sdi.setSubPlotLayout(4,2);

この例では、実行を作成してそこにデータを追加してから、シミュレーション データ インスペクターでデータを表示する方法を示します。

実行からデータを作成

この例では、正弦と余弦の timeseries オブジェクトを作成します。データを可視化するには、シミュレーション データ インスペクターでは少なくともデータに対応する時間ベクトルが必要となります。

% Generate timeseries data
time = linspace(0, 20, 100);

sine_vals = sin(2*pi/5*time);
sine_ts = timeseries(sine_vals, time);
sine_ts.Name = 'Sine, T=5';

cos_vals = cos(2*pi/8*time);
cos_ts = timeseries(cos_vals, time);
cos_ts.Name = 'Cosine, T=8';

シミュレーション データ インスペクターの実行を作成してデータを追加

シミュレーション データ インスペクターでデータにアクセスできるようにするには、create メソッドを使用して実行を作成します。この例では、データを識別しやすくするために一部の実行のプロパティを変更します。シミュレーション データ インスペクターを使用すると、実行と信号のプロパティを簡単に表示できます。

% Create a run
sinusoidsRun = Simulink.sdi.Run.create;
sinusoidsRun.Name = 'Sinusoids';
sinusoidsRun.Description = 'Sine and cosine signals with different frequencies';

% Add timeseries data to run
sinusoidsRun.add('vars', sine_ts, cos_ts);

Simulink.sdi.Signal オブジェクトを使用してデータをプロット

getSignalByIndex メソッドでは、シミュレーション データ インスペクターでの信号のプロットに使用できる Simulink.sdi.Signal オブジェクトが返されます。信号を表すラインの色やスタイルといったプロットの外観の特徴をプログラムで制御することもできます。この例では、サブプロット レイアウトと信号の特性をカスタマイズします。

% Get signal, modify its properties, and change Checked property to true
sine_sig = sinusoidsRun.getSignalByIndex(1);
sine_sig.LineColor = [0 0 1];
sine_sig.LineDashed = '-.';
sine_sig.Checked = true;

% Add another subplot for the cosine signal
Simulink.sdi.setSubPlotLayout(2, 1);

% Plot the cosine signal and customize its appearance
cos_sig = sinusoidsRun.getSignalByIndex(2);
cos_sig.LineColor = [0 1 0];
cos_sig.plotOnSubPlot(2, 1, true);

% View the signal in the Simulation Data Inspector
Simulink.sdi.view

シミュレーション データ インスペクターを閉じてデータを保存

Simulink.sdi.close('sinusoids.mat')

入力引数

すべて折りたたむ

サブプロット グリッド レイアウトの行数。1 から 8 までの整数で指定します。

例: 2

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | char

サブプロット グリッド レイアウトの列数。1 から 8 までの整数で指定します。

例: 2

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | char

R2016a で導入