最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.setTickLabelsDisplay

時間プロットの軸の目盛りラベルの可視性を構成

説明

Simulink.sdi.setTickLabelsDisplay(label) は、シミュレーション データ インスペクターの時間プロットの軸に、入力 label に従って目盛りラベルを表示します。この関数は、シミュレーション データ インスペクターの [時間プロット][目盛りラベル] 設定を設定します。設定はレイアウト内のすべての時間プロットに適用されます。既定では、シミュレーション データ インスペクターは時間プロットの両軸に目盛りラベルを表示します。

すべて折りたたむ

関数 Simulink.sdi.setTickLabelsDisplay を使用して、シミュレーション データ インスペクターの時間プロットの t 軸および y 軸の目盛りラベルの可視性を構成できます。既定では、シミュレーション データ インスペクターは時間プロットの両軸に目盛りを表示します。

この例では、関数 Simulink.sdi.getTickLabelsDisplay を使用して現在の目盛りラベルの可視性にアクセスする方法を示すことから開始します。後続のセクションは、シミュレーション データ インスペクターの時間プロットの目盛りラベルの可視性について、使用できる各オプションを指定するコードを表示します。各構成の結果を確認するために、この例では関数 Simulink.sdi.snapshotSimulink.sdi.CustomSnapshot オブジェクトによって指定した設定で使用してイメージを生成します。

snapSettings = Simulink.sdi.CustomSnapshot;
snapSettings.Width = 300;
snapSettings.Height = 300;

現在の目盛りラベルの可視性を取得

時間プロットの目盛りラベルの可視性を変更する前に、後で設定の復元が必要になる場合に備えて、ワークスペースの変数に対する現在の設定を保存できます。

initTickLabels = Simulink.sdi.getTickLabelsDisplay;

t 軸の目盛りラベルのみを表示

t 軸の目盛りラベルを表示

Simulink.sdi.setTickLabelsDisplay('t-axis')
Simulink.sdi.snapshot('from','custom','settings',snapSettings);

y 軸の目盛りラベルのみを表示

y 軸の目盛りラベルを表示

Simulink.sdi.setTickLabelsDisplay('y-axis')
Simulink.sdi.snapshot('from','custom','settings',snapSettings);

目盛りラベルを非表示

両軸の目盛りラベルを非表示にできます。

Simulink.sdi.setTickLabelsDisplay('none')
Simulink.sdi.snapshot('from','custom','settings',snapSettings);

すべての目盛りラベルを表示

既定では、シミュレーション データ インスペクターは時間プロットの両軸に目盛りラベルを表示します。

Simulink.sdi.setTickLabelsDisplay('all')
Simulink.sdi.snapshot('from','custom','settings',snapSettings);

入力引数

すべて折りたたむ

シミュレーション データ インスペクターの時間プロットに表示する目盛りラベルを指定します。

  • 'all' — 時間プロットの両軸に目盛りラベルを表示する

  • 't-axis' — 時間プロットの t 軸上にのみ目盛りラベルを表示する

  • 'y-axis' — 時間プロットの y 軸上にのみ目盛りラベルを表示する

  • 'none' — 目盛りラベルを表示しない

R2019b で導入