最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.sdi.setGridOn

時間プロットのグリッド ラインを構成

説明

Simulink.sdi.setGridOn(grid) は、シミュレーション データ インスペクターの時間プロットのグリッド ラインを、入力 grid に従って構成します。この関数は、シミュレーション データ インスペクターの [時間プロット][水平方向] および [垂直方向] オプションを構成します。これらの設定はセッションに適用され、すべての時間プロットのグリッドを構成します。既定では、シミュレーション データ インスペクターは水平グリッド ラインおよび垂直グリッド ラインを表示します。

すべて折りたたむ

Simulink.sdi.setGridOn を使用して、シミュレーション データ インスペクターの時間プロットのグリッドの外観を構成できます。既定では、シミュレーション データ インスペクターは水平グリッド ラインおよび垂直グリッド ラインを表示します。

この例では、Simulink.sdi.getGridOn を使用して現在のグリッド構成にアクセスする方法を示すことから開始します。後続のセクションは、シミュレーション データ インスペクターの時間プロットグリッドの各構成オプションのコードを表示します。結果を確認するために、この例では Simulink.sdi.CustomSnapshot オブジェクトを使用して関数 SImulink.sdi.snapshot の出力の設定を指定します。

snapSettings = Simulink.sdi.CustomSnapshot;
snapSettings.Width = 300;
snapSettings.Height = 300;

初期グリッド設定を取得

グリッド表示の設定を変更する前に、後で設定の復元が必要になる場合に備えて、ワークスペースの変数に対する現在の設定を保存できます。

gridInit = Simulink.sdi.getGridOn;

水平グリッド ラインを構成

シミュレーション データ インスペクターで水平グリッド ラインのみを表示します。

Simulink.sdi.setGridOn('horizontal')
Simulink.sdi.snapshot('from','custom','settings',snapSettings);

垂直グリッド ラインを構成

シミュレーション データ インスペクターで垂直グリッド ラインのみを表示します。

Simulink.sdi.setGridOn('vertical')
Simulink.sdi.snapshot('from','custom','settings',snapSettings);

グリッド ラインを構成しない

シミュレーション データ インスペクターでグリッド ラインを表示しません。

Simulink.sdi.setGridOn('off')
Simulink.sdi.snapshot('from','custom','settings',snapSettings);

水平グリッド ラインおよび垂直グリッド ラインを構成

シミュレーション データ インスペクターで水平グリッド ラインおよび垂直グリッド ラインを表示します。

Simulink.sdi.setGridOn('on')
Simulink.sdi.snapshot('from','custom','settings',snapSettings);

入力引数

すべて折りたたむ

シミュレーション データ インスペクターの時間プロットのグリッドの外観を指定します。

  • 'on' は、シミュレーション データ インスペクターの時間プロットに水平グリッド ラインおよび垂直グリッド ラインを表示する

  • 'horizontal' は、シミュレーション データ インスペクターの時間プロットに水平グリッド ラインのみを表示する

  • 'vertical' は、シミュレーション データ インスペクターの時間プロットに垂直グリッド ラインのみを表示する

  • 'off' は、シミュレーション データ インスペクターの時間プロットにグリッド ラインを表示しない

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019a で導入