Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

シミュレーション データ インスペクターでのデータの表示

シミュレーション データ インスペクターを使用して、設計プロセス全体を通して生成したデータを可視化できます。Simulink® モデルでログに記録したシミュレーション データは、シミュレーション データ インスペクターのログに記録されます。テスト データとその他の記録されたデータをシミュレーション データ インスペクターにインポートして、記録されたシミュレーション データと一緒に検査および解析することもできます。シミュレーション データ インスペクターにはいくつかのタイプのプロットがあり、これらのプロットを使用して、データの複雑な可視化を簡単に作成できます。

ログ データの表示

ログに記録された信号および Dataset 形式を使用して記録された出力と状態は、モデルをシミュレートすると自動的にシミュレーション データ インスペクターに記録されます。他の種類のシミュレーション データも記録して、シミュレーションの終了時にデータがシミュレーション データ インスペクターに表示されるようにすることもできます。シミュレーション データ インスペクターで Dataset 以外の形式を使用して記録された状態と出力データを表示するには、[モデル コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート] ペインで、[ワークスペース データのログをシミュレーション データ インスペクターに記録] オプションを選択します。

メモ

Structure または Array 形式を使用して状態および出力をログに記録する場合は、シミュレーション データ インスペクターに記録するデータの時間も記録しなければなりません。

シミュレーション データ インスペクターの [検査] ペインのテーブルには使用可能なデータが表示されます。信号をプロットするには、信号の隣のチェック ボックスをオンにします。レイアウトを変更して、さまざまな可視化を追加し、シミュレーション データを解析できます。詳細については、シミュレーション データ インスペクターを使用したプロットの作成を参照してください。

シミュレーション データ インスペクターは、受信したシミュレーション データをアーカイブを使用して管理します。既定では、新しいシミュレーションを開始するときに、以前の実行がアーカイブに移動します。アーカイブから信号をプロットすることも、アーカイブから作業領域に対象の実行をドラッグして戻すこともできます。

ワークスペースまたはファイルからのデータのインポート

ベース ワークスペースまたはファイルからデータをインポートして、そのデータを単独で表示することも、シミュレーション データと一緒に表示することもできます。シミュレーション データ インスペクターは、ワークスペースからデータをインポートするためのすべての組み込みデータ型と多くのデータ形式をサポートします。一般的に、形式に関係なく、サンプル値はサンプル時間と組み合わせなければなりません。ファイルのインポートでは、MAT、CSV、および Microsoft® Excel® ファイルに加え、拡張子が .mdf.mf4.mf3.data、および .dat の MDF ファイルがサポートされます。シミュレーション データ インスペクターでは、インポートされたワークスペース データから作成された実行について、信号ごとに最大 8,000 チャネルをサポートします。

メモ

シミュレーション データ インスペクターでは、ファイル内のデーがCSV ファイルからシミュレーション データ インスペクターへのデータのインポートまたはMicrosoft Excel のインポートおよびエクスポート形式に従ってフォーマットされている場合、CSV および Microsoft Excel ファイルのデータをインポートできます。

シミュレーション データ インスペクターでサポートされないデータ形式またはファイル形式で保存されているファイル、またはワークスペースからデータをインポートするには、独自のワークスペース データまたはファイル リーダーを記述し、io.reader クラスを使ってデータをインポートできます。サポートされているファイル タイプ用の組み込みのリーダーではなく、カスタム リーダーを記述して使用することもできます。以下の例を参照してください。

データをインポートするには、シミュレーション データ インスペクターで [インポート] ボタンを選択します。

[インポート] ダイアログで、ワークスペースまたはファイルからデータをインポートすることができます。オプションの下の表には、インポートできるデータが表示されます。表にワークスペース変数またはファイルが表示されない場合、シミュレーション データ インスペクターにはそのデータをサポートする組み込みまたは登録済みのリーダーがないことを意味します。チェック ボックスを使用してインポートするデータを選択し、そのデータを既存の実行または新しい実行のどちらにインポートするか選択することができます。

データを新しい実行にインポートする場合、実行は常に作業領域に表示されます。インポートした実行を手動でアーカイブに移動することができます。

複素数データの表示

複素数データをシミュレーション データ インスペクターで表示するには、データをインポートするか、信号をシミュレーション データ インスペクターにログ記録します。複素信号の可視化方法は、モデル内の信号に対するシミュレーション データ インスペクターの [プロパティ] ペインと [計測のプロパティ] で制御できます。信号の [計測のプロパティ] にアクセスするには、その信号のログ バッジを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

[複素数形式] を [振幅]、[振幅-位相]、[位相]、または [実数-虚数] に指定できます。[複素数形式] で [振幅-位相]、または [実数-虚数] を選択する場合、その信号のチェック ボックスをオンにすると、シミュレーション データ インスペクターは、信号の両方の成分をプロットします。[実数-虚数] 形式の信号では、[ラインの色] で信号の実数成分の色を指定し、虚数成分を [ラインの色] の異なる色調で表示します。たとえば、下の方のグラフの Rectangular QAM Modular Baseband 信号は、信号の実数成分を [ラインの色] パラメーターに合わせて明るい青で表示し、虚数成分を暗い青の色調で表示しています。

[振幅-位相] 形式の信号では、[ラインの色] で振幅成分の色を指定し、位相を [ラインの色] の異なる色調で表示しています。

String データの表示

シミュレーション データ インスペクターで、信号データと共に string データをログ記録または表示できます。たとえば、このシンプルなモデルについて考えます。Sine Wave ブロックの値が、スイッチが string の読み取りの PositiveNegative のどちらを出力に送るかを制御します。

モデルのシミュレーション結果がプロットで表示されます。string 信号がグラフィカルな表示領域の下部に表示されます。信号の値は帯の内側に表示され、string 信号の値の遷移は十字の線で示されます。

カーソルを使って、string 信号の値が正弦信号の値にどのように対応しているかを検証することができます。

複数の string 信号をプロット上にプロットするとき、信号は、シミュレーションされた、またはインポートされた順に積み重なり、最近の信号が最上位に位置しています。たとえば、スイッチを制御している正弦波の位相を変更することの効果について検討します。

フレームベースのデータの表示

データを点ごとに処理するのではなくフレームで処理すると、一部のアプリケーションで必要となるパフォーマンスの向上がもたらされます。シミュレーション データ インスペクターでフレームベースのデータを表示するには、その信号の [計測のプロパティ] で、信号がフレームベースであることを指定しなければなりません。信号の [計測のプロパティ] ダイアログにアクセスするには、信号のログ バッジを右クリックし、[プロパティ] を選択します。信号をフレームベースとして指定するには、[入力処理][チャネルとしての列 (フレーム ベース)] を選択します。

イベントベースのデータの表示

イベント データをログ記録またはシミュレーション データ インスペクターにインポートできます。記録されたイベントベースのデータを表示するには、Send: 1 の横にあるチェック ボックスをオンにします。シミュレーション データ インスペクターではデータをステム プロットとして表示します。各ステムは、任意のサンプル時間に発生したイベントの数を表しています。

関連するトピック