ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

シミュレーション データ インスペクターでのデータの表示

シミュレーション データ インスペクターでは、設計プロセス全体を通して、複素数、イベント、およびフレーム データを含む、生成したさまざまな種類のデータを可視化できます。Simulink® モデルからシミュレーション データ インスペクターにデータをログ記録できます。また、ベース ワークスペース、MAT ファイル、CSV ファイル、MDF ファイルからデータをインポートできます。シミュレーション データ インスペクターによるデータの可視化は、設計、デバッグ、および検証ワークフローをサポートします。データ アクセスを使用して、シミュレーション中にデータのカスタムの可視化を作成することもできます。詳細については、シミュレーション中の MATLAB 関数でのデータへのアクセスを参照してください。

ログ データの表示

既定の設定では、Simulink はログ信号のデータをワークスペースおよびシミュレーション データ インスペクターに送信します。シミュレーション データ インスペクターにデータを記録するには、[モデル コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート] ペインで [信号のログ] チェック ボックスをオフにします。

モデルの名前を MATLAB® コマンド ラインで入力して、モデル slexAircraftExample を開きます。

q, rad/sec 信号と alpha, rad 信号を記録するには、これらの信号を選択します。選択した信号を右クリックし、コンテキスト メニューから [選択した信号のログ] を選択します。ログ バッジ により、モデル内の信号にマークが付きます。

あるいは、ログ記録用の信号のマークで説明するいずれかの方法を使用して、ログを作成する信号を選択できます。

シミュレーションを実行します。Pilot ブロックの [波形]sine に変更し、もう一度モデルをシミュレーションします。その後、Simulink エディター ツール バーの [シミュレーション データ インスペクター] ボタンをクリックして、シミュレーション データ インスペクターを開きます。

シミュレーション データ インスペクターは、各シミュレーションからのデータについて [実行] を作成します。2 つの実行とその信号が [検査] ペインの左側にリストされます。既定の設定では、シミュレーション データ インスペクターは自動的に前のシミュレーション実行をアーカイブします。最初のシミュレーション実行は [アーカイブ] にあります。アーカイブから信号をプロットすることも、アーカイブから作業領域に対象の実行を移動することもできます。Run 1 を作業領域にドラッグします。

シミュレーション データ インスペクターは信号線のスタイルと色の一貫性をすべての実行で維持します。[検査] ペインで Run 1 の横にある線をクリックし、色を変更します。次に、両方の実行で、alpha, rad 信号の横のチェック ボックスをオンにします。

信号を選択してモデルにプロットすることもできます。シミュレーション中またはシミュレーション後に信号のログ バッジをクリックすると、シミュレーション データ インスペクターはアクティブなサブプロット上に信号をプロットします。

[状態] と Simscape™ データは、シミュレーション データ インスペクターに直接ログ記録されませんが、その記録は残されます。記録されたデータはシミュレーション中に蓄積され、シミュレーションが一時停止または終了すると自動的にシミュレーション データ インスペクターにインポートされます。データをシミュレーション データ インスペクターに記録するには、ワークスペースにログ記録しなければなりません。ログ記録されたデータを記録用に構成するには、[モデル コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート] ペインの [ワークスペース データのログをシミュレーション データ インスペクターに記録] を選択します。

メモ

[状態] の記録に推奨される [形式]Dataset です。[形式]Structure with time または Array に設定することもできます。[形式]Array として設定する場合は、シミュレーション データ インスペクターに記録する [状態][時間] のログも作成しなければなりません。

ワークスペースまたはファイルからのデータの表示

ベース ワークスペース、MAT ファイル、CSV ファイル、または Microsoft® Excel® ファイルからデータをインポートして、シミュレーション データ インスペクターで表示できます。シミュレーション データ インスペクターにインポートする CSV ファイルと Microsoft Excel ファイルにデータを書式設定する方法の詳細については、シミュレーション データ インスペクターのインポートおよびエクスポート ファイル形式を参照してください。mdf、mf4、mf3、data および dat ファイル拡張子をもつ MDF ファイルもインポートできます。シミュレーション データ インスペクターでは、インポートされたワークスペース データから作成された実行について、信号ごとに最大 8,000 チャネルをサポートします。

この例では、前のシミュレーションから保存されたデータを含む MAT ファイルをインポートして、現在のシミュレーションと一緒に表示する方法を説明します。測定されたテスト データなど、Simulink 外で作成されたデータをインポートすることもできます。

データをインポートするには、シミュレーション データ インスペクターを開かなければなりません。MATLAB コマンド ウィンドウに Simulink.sdi.view と入力するか、Simulink エディターの [シミュレーション データ インスペクター] ボタンをクリックします。

次に、データをインポートするには、以下の手順に従います。

  1. 左側のサイド バーの [インポート] ボタン をクリックします。

  2. [ファイル] からインポートを選択します。

  3. 前のシミュレーション データを新しい実行にインポートするには、[新規実行] を選択します。既存の実行にデータをインポートすることもできます。

  4. [インポート] をクリックします。

    インポートした実行は現在のシミュレーション実行とともに作業領域に表示されます。シミュレーション データ インスペクターはインポートしたデータを常に作業領域に配置します。インポートした実行はアーカイブに手動で移動できます。

ヒント

データ ベクトルを処理するには、シミュレーション データ インスペクターに少なくとも 1 つの関連する時間ベクトルが必要です。一般的に、Array データ形式と Structure データ形式は [時間] がログ記録されない限り、サポートされません。シミュレーション データ インスペクターの一部の機能は、その他の形式に不足しているメタデータで最も適切に動作するため、Timeseries データ形式が推奨されます。

各実行で slp 信号の横にあるチェック ボックスをオンにして信号を表示します。

複素数データの表示

複素数データをシミュレーション データ インスペクターで表示するには、データをインポートするか、信号をシミュレーション データ インスペクターにログ記録します。複素信号の可視化方法は、モデル内の信号に対するシミュレーション データ インスペクターの [プロパティ] ペインと [計測のプロパティ] で制御できます。信号の [計測のプロパティ] にアクセスするには、その信号のログ バッジを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

[複素数形式] を [振幅]、[振幅-位相]、[位相]、または [実数-虚数] に指定できます。[複素数形式] で [振幅-位相]、または [実数-虚数] を選択する場合、その信号のチェック ボックスをオンにすると、シミュレーション データ インスペクターは、信号の両方の成分をプロットします。[実数-虚数] 形式の信号では、[ラインの色] で信号の実数成分の色を指定し、虚数成分を [ラインの色] の異なる色調で表示します。たとえば、下の方のグラフの Rectangular QAM Modular Baseband 信号は、信号の実数成分を [ラインの色] パラメーターに合わせて明るい青で表示し、虚数成分を暗い青の色調で表示しています。

[振幅-位相] 形式の信号では、[ラインの色] で振幅成分の色を指定し、位相を [ラインの色] の異なる色調で表示しています。

String データの表示

シミュレーション データ インスペクターで、信号データと共に string データをログ記録または表示できます。たとえば、このシンプルなモデルについて考えます。Sine Wave ブロックの値が、スイッチが string の読み取りの PositiveNegative のどちらを出力に送るかを制御します。

モデルのシミュレーション結果がプロットで表示されます。string 信号がグラフィカルな表示領域の下部に表示されます。信号の値は帯の内側に表示され、string 信号の値の遷移は十字の線で示されます。

カーソルを使って、string 信号の値が正弦信号の値にどのように対応しているかを検証することができます。

複数の string 信号をプロット上にプロットするとき、信号は、シミュレーションされた、またはインポートされた順に積み重なり、最近の信号が最上位に位置しています。たとえば、スイッチを制御している正弦波の位相を変更することの効果について検討します。

フレームベースのデータの表示

データを点ごとに処理するのではなくフレームで処理すると、一部のアプリケーションで必要となるパフォーマンスの向上がもたらされます。シミュレーション データ インスペクターでフレームベースのデータを表示するには、その信号の [計測のプロパティ] で、信号がフレームベースであることを指定しなければなりません。信号の [計測のプロパティ] ダイアログには、信号のログ バッジを右クリックし、[プロパティ] を選択してアクセスできます。信号をフレームベースとして指定するには、[入力処理][チャネルとしての列 (フレーム ベース)] を選択します。

イベントベースのデータの表示

イベント データをログ記録またはシミュレーション データ インスペクターにインポートできます。記録されたイベントベースのデータを表示するには、Send: 1 の横にあるチェック ボックスをオンにします。シミュレーション データ インスペクターではデータをステム プロットとして表示します。各ステムは、任意のサンプル時間に発生したイベントの数を表しています。

関連するトピック