Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Record

データ ログのワークスペース、ファイル、またはその両方への記録

  • ライブラリ:
  • Simulink / Sinks

  • Record block

説明

Record ブロックを使用すると、データをワークスペース、ファイル、またはその両方に記録できます。データのログをファイルに記録する場合、記録先として MAT ファイル、MLDATX ファイル、または Excel® ファイルを選択できます。Record ブロックに接続された信号は、常にシミュレーション データ インスペクターにログが記録されます。シミュレーション後にデータを保存する必要があると判断した場合、Record ブロックのデータをワークスペースまたはサポートされる任意のファイル タイプにエクスポートできます。

Record ブロックを使用して、接続された信号を可視化することもできます。Record ブロックに接続された信号のデータを表示するには、ブロックをダブルクリックします。[実行] ボタンなどのシミュレーション コントロールにアクセスできると同時に、Record ブロック内のデータが表示されます。

既定の設定では、Record ブロックは接続されたすべての信号をスパークラインとして表示します。接続された信号 1 つに対して 1 本のスパークラインが追加されます。スパークラインで表示域が一杯になったら、スクロールバーを使用することで信号のプロットを続行できます。

可視化の作成

Record ブロックは、シミュレーション データ インスペクターで利用可能なすべての可視化をサポートしています。データに別の可視化を使用することが望ましい場合、[レイアウト] オプションとプロット タイプ セレクター (規定のラベル名 [スパークライン]) を使用することでプロット レイアウトとプロット タイプを変更できます。サブプロットのレイアウトを選択するには、[レイアウト] リストを使用します。サブプロットのプロット タイプを変更するには、サブプロットを選択し、プロット タイプ セレクターから目的のプロット タイプを選択します。

詳細については、Log Data to the Workspace and a File Using the Record Blockを参照してください。各可視化タイプの使用方法を示す例については、以下を参照してください。

端子

入力

すべて展開する

記録する信号です。Record ブロックに端子を追加するには、ラインをブロックの端にドラッグするか、[端子] パラメーターを使用します。

Record ブロックは可変サイズの信号のログ記録をサポートしていますが、可変サイズの信号の可視化はサポートしていません。

ヒント

フレームベースのデータのログを取るには、フレームベースの信号を受け取る各端子に [入力処理] パラメーターを指定します。

データ型: single | double | half | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated | bus
複素数のサポート: あり

パラメーター

すべて展開する

Record ブロックのパラメーターを変更するには、プロパティ インスペクターを使用します。

メイン

入力端子の数。1 以上 100 以下の整数として指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: 'NumPorts'
型: integer | character vector
値: [1,100] の範囲の整数
既定の設定: 1

[端子] および [入力処理] パラメーターを併せて使用して、端子の入力処理モードを指定します。入力処理モードにより、Record ブロックが行列データをどのように解釈するかが決まります。

  • サンプルベース — 行列の各要素が個別のチャネルです。

  • フレームベース — 行列の各列が個別のチャネルです。

既定の設定では、各端子は入力信号をサンプルベースとして処理します。

端子の入力処理モードを変更するには、以下を行います。

  1. [端子] パラメーターを使用して端子番号を選択します。

  2. [入力処理] パラメーターを使用して入力処理モードを選択します。

プログラムでの使用

FrameSettings パラメーターをブロック端子の数と同じ数の要素をもつ行ベクトルとして指定することにより、各端子の入力処理モードをプログラムで指定します。要素インデックスはブロックの端子番号に対応します。端子にフレームベースの入力処理を使用するには 1 を指定し、サンプルベースの処理を使用するには 0 を指定します。

ブロック パラメーター: 'FrameSettings'
型: logical 配列
値: 1n 列の行ベクトル。ここで、n は端子の数と等しくなります。
既定の設定: 0

[端子] および [入力処理] パラメーターを併せて使用して、端子の入力処理モードを指定します。入力処理モードにより、Record ブロックが行列データをどのように解釈するかが決まります。

  • サンプルベース — 行列の各要素が個別のチャネルです。

  • フレームベース — 行列の各列が個別のチャネルです。

既定の設定では、各端子は入力信号をサンプルベースとして処理します。

端子の入力処理モードを変更するには、以下を行います。

  1. [端子] パラメーターを使用して端子番号を選択します。

  2. [入力処理] パラメーターを使用して入力処理モードを選択します。

プログラムでの使用

FrameSettings パラメーターをブロック端子の数と同じ数の要素をもつ行ベクトルとして指定することにより、各端子の入力処理モードをプログラムで指定します。要素インデックスはブロックの端子番号に対応します。端子にフレームベースの入力処理を使用するには 1 を指定し、サンプルベースの処理を使用するには 0 を指定します。

ブロック パラメーター: 'FrameSettings'
型: logical 配列
値: 1n 列の行ベクトル。ここで、n は端子の数と等しくなります。
既定の設定: 0

記録

ワークスペースにログを記録するオプションです。既定では、Record ブロックはデータのログをシミュレーション データ インスペクターのみに記録します。Record ブロックに接続された信号のログ データを Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトの MATLAB® ワークスペースに記録するには、[ワークスペースへ記録] を選択します。

[ワークスペース変数名] パラメーターを使用して、ログに記録される Record ブロック データを含む Dataset オブジェクトの名前を指定します。

ヒント

  • ログ データをワークスペースに記録する場合、データのアクセス方法はモデル コンフィギュレーションによって変わります。既定の設定では、モデルはすべてのログ データを Simulink.SimulationOutput オブジェクトとして単一の出力変数内に含めます。Record ブロック データにアクセスするには、関数 get を使用するか、Record ブロックのワークスペース変数名とドットを使用します。[単一のシミュレーション出力] オプションが無効になっている場合、ログ データはワークスペースの別々の変数に表示され、Record ブロックのデータには直接アクセスします。

  • 1 つの Record ブロックを使用することで、データのログをシミュレーション データ インスペクター、ワークスペース、およびファイルに記録できます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: 'RecordToWorkspace'
型: 文字ベクトル | boolean | 数値
値: 'on' | 'off' | true または 1 | false または 0
既定の設定: 'off'

ログに記録されるブロック データを含むワークスペース変数の名前です。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[ワークスペースへ記録] パラメーターを選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: 'VariableName'
: 文字ベクトル | string
既定の設定: 'recordout'

ファイルへログを記録するオプションです。既定では、Record ブロックはデータのログをシミュレーション データ インスペクターのみに記録します。Record ブロックに接続された信号のログ データをファイルに記録するには、[ファイルへ記録] を選択します。

ヒント

  • [ファイル名] パラメーターを使用してファイルの名前を指定します。

  • [ファイル タイプ] パラメーターを使用してログ データを MLDATX ファイル、MAT ファイル、Excel ファイルのどれに記録するか指定します。

  • [ファイルの場所] パラメーターを使用してファイルのパスを指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: 'RecordToFile'
型: 文字ベクトル | boolean | 数値
値: 'on' | 'off' | true または 1 | false または 0
既定の設定: 'off'

ログ データを含むファイルの名前です。名前にファイルの拡張子を含める必要はありません。名前にファイルの拡張子を含める場合は、指定した [ファイル タイプ] に対して有効な拡張子が使用されていることを確認してください。

ヒント

  • ある実行から次の実行にログ記録するファイルの名前と場所を変更しない場合、Record ブロックはファイルに含まれる以前のデータを上書きします。

  • 作業ディレクトリ以外の場所にファイルを保存するには、[ファイルの場所] パラメーターを使用して、ファイル保存先ディレクトリのパスを指定します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[ファイルへ記録] パラメーターを選択します。

プログラムでの使用

FileName パラメーターは、[ファイル名][ファイル タイプ][ファイルの場所] パラメーターを指定するために使用します。set_param に渡す名前には必要なファイル タイプの拡張子を含めます。現在の作業ディレクトリ以外の場所にファイルを保存するには、ファイル名および拡張子を含むパスを指定します。

ブロック パラメーター: 'FileName'
: 文字ベクトル | string
既定の設定: 'recording.mldatx'

[ファイル タイプ] パラメーターを使用してログ データを MLDATX ファイル、MAT ファイル、Excel ファイルのどれに記録するか指定します。

ヒント

  • ログ データを Excel ファイルに記録する場合、データはMicrosoft Excel のインポート、エクスポート、ログ形式で説明する形式で記録されます。

  • Excel ファイルにログ データを記録する場合、時間列を共有するかどうかを [時間] パラメーターを使用して指定できるほか、ログに記録する信号属性を [属性] パラメーターを使用して指定できます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[ファイルへ記録] を選択します。

プログラムでの使用

FileName パラメーターは、[ファイル名][ファイル タイプ][ファイルの場所] パラメーターを指定するために使用します。set_param に渡す名前には必要なファイル タイプの拡張子を含めます。現在の作業ディレクトリ以外の場所にファイルを保存するには、ファイル名および拡張子を含むパスを指定します。

ブロック パラメーター: 'FileName'
: 文字ベクトル | string
既定の設定: 'recording.mldatx'

作業ディレクトリ以外の場所にファイルを保存する場合に、ログ データを含むファイルの保存場所を指定するには、[ファイルの場所] パラメーターを使用します。指定するディレクトリへの書き込み権限があることを確認してください。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[ファイルへ記録] を選択します。

プログラムでの使用

FileName パラメーターは、[ファイル名][ファイル タイプ][ファイルの場所] パラメーターを指定するために使用します。set_param に渡す名前には必要なファイル タイプの拡張子を含めます。現在の作業ディレクトリ以外の場所にファイルを保存するには、ファイル名および拡張子を含むパスを指定します。

ブロック パラメーター: 'FileName'
: 文字ベクトル | string
既定の設定: 'recording.mldatx'

[時間] パラメーターは、Record ブロックのログ データを Excel ファイルに記録する場合に、信号の時間データのログ方法を指定するのに使用します。

  • Shared Time Columns — 複数の信号間で時間データが同一の場合、ログ ファイル内の信号は単一の時間列を共有します。Record ブロックが独自の時間データをもつ信号のデータのログを記録している場合、ログ ファイルに複数の時間列が引き続き含まれることがあります。

  • Individual Time Columns — 各ログ信号は、ログ ファイル内で常に独自の時間列をもちます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[ファイルへ記録] を選択し、[ファイル タイプ][*.xlsx] に指定します。

ログ データを Excel ファイルに記録する場合、ログ ファイルに含める 1 つ以上の信号属性オプションを選択します。選択した信号属性は、Microsoft Excel のインポート、エクスポート、ログ形式で説明する形式に従って、最初のデータ点の上の信号列に表示されます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[ファイルへ記録] を選択し、[ファイル タイプ][*.xlsx] に指定します。

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | half | integer | single | string

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

参考

ツール

ブロック

Simulink コンフィギュレーション パラメーター

R2021a で導入