Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.SimulationOutput

シミュレーション結果へのアクセス

説明

Simulink.SimulationOutput オブジェクトには、すべてのログ記録されたシミュレーション データと、シミュレーション条件を説明する SimulationMetadata オブジェクトが含まれます。Simulink.SimulationOutput オブジェクトには、シミュレーションに関する有用なメタデータであるシミュレーション実行時間も含まれます。Simulink.SimulationOutput オブジェクトを使用してシミュレーションの結果を検査できます。また、Simulink.SimulationOutput オブジェクトで関数 plot を使用して結果を可視化できます。Simulink の [実行] ボタンまたは [ステップを進める] ボタンを使用して呼び出したシミュレーションの場合、Simulink.SimulationOutput オブジェクトは、モデル パラメーターで指定された名前でベース ワークスペースに格納されます。Simulink.SimulationOutput は書き込み可能です。

作成

既定では、実行するシミュレーションごとに、シミュレーションでログ記録されたすべてのデータを含む Simulink.SimulationOutput オブジェクトと、シミュレーション メタデータを含む Simulink.SimulationMetadata オブジェクトが作成されます。SimulationOutput オブジェクトには複数の方法でアクセスできます。

  • Simulink.SimulationOutput オブジェクトは、シミュレーションのログ データを返します。

  • who メソッド、get メソッド、および find メソッドを使用して、出力変数名とそれぞれの値にアクセスできます。

[コンフィギュレーション パラメーター] のモデル設定 [単一のシミュレーション出力] で、シミュレーション出力が Simulink.SimulationOutput オブジェクトで返されるかどうか、またはデータがベース ワークスペースで展開されるかどうかを制御します。sim コマンドで名前と値の引数のペアとして ReturnWorkspaceOutputson に設定して、この動作にコマンド ライン API を使用することもできます。

プロパティ

すべて展開する

シミュレーションのメタデータ。Simulink.SimulationMetadata オブジェクトとして返されます。UserData フィールドと UserString フィールド以外のフィールドは読み取り専用です。

このプロパティは読み取り専用です。

文字ベクトルとして返されるシミュレーション ログのエラー メッセージ。シミュレーションがエラーなしで実行される場合、ErrorMessage プロパティは空です。

オブジェクト関数

find シミュレーション結果の値へのアクセスと表示
get シミュレーション結果の値へのアクセスと表示
getSimulationMetadataシミュレーション用の SimulationMetadata オブジェクトを返す
setUserDataSimulationOutput オブジェクトに含まれる SimulationMetadata オブジェクトへのカスタム データの保存
setUserStringカスタム文字ベクトルを SimulationOutput オブジェクト内の SimulationMetadata オブジェクトに保存する
who シミュレーションの出力変数名へのアクセスと表示
plotシミュレーション データ インスペクターでのシミュレーション出力データのプロット

すべて折りたたむ

モデルのシミュレーションを実行して、Simulink.SimulationOutput オブジェクトの結果を simOut に配置し、シミュレーション メタデータを表示します。

vdp モデルのシミュレーションを実行します。

simOut = sim('vdp','SaveState','on','StateSaveName','xoutNew',...
                     'SaveOutput','on','OutputSaveName','youtNew')
 Simulink.SimulationOutput:

                xoutNew: [65x2 double] 
                youtNew: [65x2 double] 

     SimulationMetadata: [1x1 Simulink.SimulationMetadata] 
           ErrorMessage: [0x0 char] 

変数 youtNew の値を取得します。

simOut.youtNew

Simulink® から値が返されて表示されます。

シミュレーションのタイミング情報を取得します。

myMetadata = simOut.SimulationMetadata
myMetadata = 

  SimulationMetadata with properties:

        ModelInfo: [1×1 struct]
       TimingInfo: [1×1 struct]
    ExecutionInfo: [1×1 struct]
       UserString: ''
         UserData: []
myMetadata.TimingInfo
ans = 

  struct with fields:

          WallClockTimestampStart: '2016-12-30 08:47:51.739935'
           WallClockTimestampStop: '2016-12-30 08:47:58.185579'
    InitializationElapsedWallTime: 5.9166
         ExecutionElapsedWallTime: 0.1910
       TerminationElapsedWallTime: 0.3380
             TotalElapsedWallTime: 6.4456
R2010a で導入