Main Content

出力

説明

ルートレベルの Outport ブロックに接続された信号のデータを、指定された MATLAB® 変数に保存します。

カテゴリ: Data Import/Export

設定

既定の設定: オン、 yout

オン

Simulink® は、シミュレーション中にルート出力端子信号データを MATLAB ワークスペースにエクスポートします。

データを格納するために使用される MATLAB 変数の名前を指定します。詳細については、シミュレーション データのエクスポートを参照してください。

オフ

Simulink では、シミュレーション中にルート出力端子信号データがエクスポートされません。

ヒント

  • 出力変数の名前を入力する前に [出力] チェック ボックスをオンにしておかなければなりません。

  • Simulink では、[形式] パラメーターを [データセット] 以外の値に設定した場合、出力はモデルの基本サンプルレートで MATLAB ワークスペースに保存されます。[データセット] 形式の場合、ログは各 Outport ブロックのレート セットを使用します。

  • [追加パラメーター] 領域には、保存するデータの他の特徴を指定するためのパラメーターが含まれています (形式や間引き係数など)。

  • ログの間隔を指定するには、[ログ間隔] パラメーターを使用します。

  • [出力] データをシミュレーション データ インスペクターに記録するには、[データセット] 形式を選択します。

  • 固定小数点データを記録するには、[形式] パラメーターを [データセット] に設定します。[形式] パラメーターを [データセット] 以外の値に設定した場合、Simulink は固定小数点データを double として記録します。

  • バスのデータを記録するには、[形式] パラメーターを [配列] 以外の値に設定します。

  • Dataset 以外の形式を使用している場合は、記録されるデータを Dataset 形式に変換できます。データを Dataset に変換すると、ログ記録された他のデータとの事後処理が容易になります。詳細については、ログ データのデータセット変換を参照してください。

  • アクティブなバリアント条件の場合、Simulink はログ データをもつ Dataset オブジェクトを作成します。非アクティブなバリアント条件の場合、Simulink はゼロ サンプルをもつ MATLAB timeseries を作成します。

  • 関数内部で sim コマンドを呼び出す場合、関数によってログに記録される出力は関数ワークスペース内にあります。ベース ワークスペース内のその出力にアクセスできるようにするには、sim コマンドの後に次のようなコマンドを追加します。

    assignin('base','yout',yout);
  • オブジェクト関数 Simulink.SimulationOutput の名前またはプロパティ名と同じ変数名を使用しないでください。

  • ルートレベルの Outport ブロックに接続された可変サイズの信号のデータをログ記録するには、[データセット] 形式を使用します。可変サイズの信号のデータは、各タイム ステップについてのデータの cell 配列を含む timetable オブジェクトとして常に保存されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: SaveOutput
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'
パラメーター: OutputSaveName
型: 文字ベクトル
値: 任意の有効な値
既定の設定: 'yout'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性推奨なし
安全対策推奨なし

関連するトピック