Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル コンフィギュレーション パラメーター: Data Import/Export

[データのインポート/エクスポート] カテゴリには、シミュレーションの入力データ (たとえば、Inport ブロックへの) および出力データ (たとえば、Outport ブロックからの) を設定するためのパラメーターが含まれています。パラメーターを使用すると、入力信号と初期状態データをワークスペースからインポートし、出力信号と状態データをシミュレーション中に MATLAB® ワークスペースにエクスポートすることができます。この機能により、標準またはカスタムの MATLAB 関数を使用して、シミュレーションされたシステムの入力信号を生成し、システムの出力のグラフ化、解析、後処理などを行うことができます。

  1. シミュレーションが開始する前にワークスペースから読み込んでおくデータを指定します。

  2. シミュレーションが完了した後で MATLAB ワークスペースに保存するデータを指定します。

パラメーター説明

入力

シミュレーションが開始する前にワークスペースから入力データを読み込みます。

初期状態

シミュレーションが開始する前にモデルの初期状態をワークスペースから読み込みます。

時間

シミュレーション中にシミュレーション時間データを指定された変数に保存します。

状態

シミュレーション中に状態データを指定された変数に保存します。

出力

シミュレーション中に信号データを指定された変数に保存します。

最終状態

シミュレーションの終了時のモデルの状態を指定された変数に保存します。

形式

状態、出力、および最終状態データの保存形式を選択します。

データ点の制限

出力および状態の最後の n 個のデータ点のみをログに記録します。

間引き

出力および状態ログ用の間引き係数 n を指定し、n 番目の点のみがログ記録されるようにします。

最終の操作点を保存

Simulink® では、シミュレーションが終了すると、モデルのすべての状態 (記録された状態を含む) が保存されます。

信号のログ

モデルの信号のログをグローバルに有効または無効にします。

データ ストア

モデルの Data Store Memory ブロック変数のログのオンとオフをグローバルに切り替えます。

データセットのデータをファイルにログ

MAT ファイルにデータのログを作成します。

出力オプション

可変ステップ ソルバーの追加の出力信号データを生成するためのオプションを選択します。

リファイン ファクター

出力をリファインするためにタイム ステップ間で生成するデータ点の数を指定します。

出力時間

モデルのシミュレーションに使用されるソルバーのシミュレーション ステップに対する追加出力または代替出力が Simulink ソフトウェアによって生成される時間を指定します。

単一のシミュレーション出力

単出力形式の sim コマンドを有効にします。

ログ間隔

ログ間隔を設定

ワークスペース データのログをシミュレーション データ インスペクターに記録

シミュレーションの一時停止時または完了時に、ログ データをシミュレーション データ インスペクターに送信するかどうかを指定します。

次のコンフィギュレーション パラメーターは [詳細設定パラメーター] セクションにあります。

パラメーター説明

データセットの信号形式

Dataset 要素の形式。

Stream To Workspace blocks

To Workspace ブロックを使用してログに記録されたデータがシミュレーション データ インスペクターにストリーミングされるかどうかを指定します。

関連するトピック