Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

状態

説明

シミュレーション中、状態データを MATLAB® ワークフロー内の指定された変数に保存します。

カテゴリ: Data Import/Export

設定

既定の設定: オフ、 xout

オン

シミュレーション中、状態データのログを MATLAB ワークスペースに記録します。

状態データを格納するために使用する変数の名前を指定します。詳細については、状態情報を参照してください。

オフ

シミュレーション中、状態データのログを記録しません。

ヒント

  • ログに記録される状態データの形式を、[形式] パラメーターで指定します。

  • 固定小数点の状態データのログを記録するには、[データセット] 形式で状態データのログを記録します。

  • [データセット] 形式を使用して状態データのログを記録すると、シミュレーション中に状態データがシミュレーション データ インスペクターにストリーミングされます。

  • [データセット] 形式では以下はサポートされません。

    • ラピッド アクセラレータ シミュレーション

    • Function-Call Subsystem 内の状態情報の記録

    • コード生成

  • 状態を持たないモデルについて状態ログを有効にした場合、状態ログ変数は空になります。

  • Dataset 以外の形式を使用して状態データをログに記録した場合、記録されたデータを Dataset 形式に変換できます。データを Dataset に変換すると、他の記録されたデータとの事後処理が容易になります。詳細については、ログ データのデータセット変換を参照してください。

  • [時間付き構造体] 形式で時間のログを取りながら、[配列] 形式で状態データのログを記録する場合、[ワークスペース データのログをシミュレーション データ インスペクターに記録] パラメーターをオンにして、シミュレーション後にデータをシミュレーション データ インスペクターで表示します。

コマンド ライン情報

パラメーター: SaveState
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'
パラメーター: StateSaveName
型: 文字ベクトル
値: 任意の有効な値
既定の設定: 'xout'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性推奨なし
安全対策推奨なし

関連するトピック