Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

形式

説明

状態、出力、および最終状態データの保存形式を選択します。

カテゴリ: Data Import/Export

設定

既定の設定: Dataset

Dataset

ログに記録された状態および出力は、それぞれ、Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトに格納されます。各 Dataset オブジェクトに、個々の状態または出力に対する要素が含まれます。個々の状態または出力に対するデータは、可変サイズの信号データを除き、既定で timeseries オブジェクトに格納されます。可変サイズの信号データは、各タイム ステップについての信号値の cell 配列を含む timetable オブジェクトに常に格納されます。

配列

ログ データは行列に格納されます。行列の各行がシミュレーション タイム ステップに対応し、各列は状態または出力に対応します。行列内における状態および出力の順序は、ブロックの並べ替え順序によって決まります。この順序は、シミュレーションごとに異なる場合があります。[配列] 形式は、バス データのログの記録には使用しないでください。

構造体

状態データと出力データのそれぞれのログが構造体に記録されます。状態の構造体には、状態をもつモデル内の各ブロックについて 1 つの構造体が含まれます。出力の構造体には、モデル内の各ルートレベル Outport ブロックについて 1 つの構造体が含まれます。

時間付き構造体

データのログが、時間フィールドと信号フィールドを持つ構造体に記録されます。時間フィールドには、シミュレーション時間のベクトルが含まれます。信号フィールドに含まれるデータは [構造体] 形式と同じです。

ヒント

  • [データセット] を使用して状態データおよび出力データのログを記録する場合、以下となります。

    • Simulink® ライセンスがなくても、MATLAB® でログ データを操作できます。

    • ログは、特定のタイム ステップでの複数のデータ値の保存をサポートします。これは、For Iterator SubsystemWhile Iterator Subsystem、Stateflow® でのデータのログ記録で必要となる可能性があります。

    • ログに記録されたデータは、シミュレーション中にシミュレーション データ インスペクターに自動的にストリーミングされます。

    • ルートレベルの Outport ブロックを使用して、可変サイズの信号をログ記録できます。

  • [データセット] 形式はラピッドアクセラレータシミュレーションをサポートしていません。

  • 状態を記録する場合、[データセット] 形式では以下はサポートされません。

    • Function-Call Subsystem 内の状態情報の記録

    • コード生成

  • [配列] 形式を使用する場合、ログに記録されるすべての状態と出力は、以下を満たしていなければなりません。

    • すべてスカラーまたはすべてベクトル (またはすべて状態の行列)

    • すべて実数またはすべて複素数のいずれか

    • データ型が同じ

    モデルの出力および状態がこれらの条件を満たしていない場合、別の形式を使用してください。

  • [形式] パラメーターに指定された形式は、最終状態データには適用されません。

コマンド ライン情報

パラメーター: SaveFormat
値: 'Array' | 'Structure' | 'StructureWithTime' | 'Dataset'
既定の設定: 'Dataset'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性推奨なし
安全対策推奨なし

関連するトピック