Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

シミュレーションのための信号データの読み込み

モデルをシミュレーションするための信号データの読み込み

データをモデルに読み込むために、以下のようないくつかの方法を使用できます。

  • ルートレベルの入力端子 — 信号データをワークスペースからインポートし、[入力] コンフィギュレーション パラメーターを使用して InportEnable または Trigger ブロックのルートレベルの入力端子にそれをインポートします。多くの信号をルートレベルの入力端子にインポートする場合は、ルート Inport マッパー ツールの使用を検討してください。

  • From File ブロック — MAT ファイルからデータを読み取り、信号としてそのデータを出力します。

  • From Spreadsheet ブロック — Microsoft® Excel® スプレッドシートまたは CSV スプレッドシートからデータを読み取り、1 つ以上の信号としてそのデータを出力します。

  • ソース ブロック — Sine Wave ブロックなどのソース ブロックを追加して、別のブロックに入力する信号を生成します。

  • Signal Editor ブロック — 相互交換可能なシナリオを表示、作成、編集、および切り替えます。

  • 永続データ — MAT ファイルのビッグ データをモデルにストリーミングします。

入力信号データをファイル、ワークスペース変数またはモデル パラメーターに作成できます。前のシミュレーションで別のソースからログ記録されたデータを使用するか、自分でデータを作成することができます。使用する信号データの読み込み方法を決定するには、信号読み込みの手法の比較を参照してください。

ブロック

すべて展開する

Inportサブシステムの入力端子、または外部入力を作成
In Bus Element, Bus Element In 外部端子から入力を選択
Enableイネーブル端子をサブシステムまたはモデルに追加
Triggerサブシステムまたはモデルにトリガー端子または関数端子を追加
From FileMAT ファイルから Simulink モデルへのデータの読み込み
From Spreadsheetスプレッドシートからのデータの読み取り
From Workspaceワークスペースから Simulink モデルへの信号データの読み込み
Signal Builder波形が区分的線形である交換可能な信号のグループを作成および生成
Signal Editor相互交換可能なシナリオを表示、作成、編集、および切り替える

関数

すべて展開する

getRootInportMap信号をルートレベルの Inport にマッピングするカスタム オブジェクトの作成
convertToSlDatasetMAT ファイルの内容の Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトへの変換
getSlRootInportMapSimulink マッピング モードを使用して信号をルートレベルの Inport にマッピングするカスタム オブジェクトの作成
createInputDatasetルートレベル Inport 端子またはバス要素端子のデータセット オブジェクトをモデルに生成する
signalbuilder(非推奨) Signal Builder ブロックを作成してアクセスする
signalBuilderToSignalEditor信号データとプロパティを Signal Builder ブロックから Signal Editor ブロックにインポート
getInputStringマッピングする変数のコンマ区切りのリストを作成する
Simulink.BlockDiagram.getInitialStateブロック線図の初期状態データを返す
Simulink.Bus.createMATLABStructバスと同じ階層構造と属性を使用する MATLAB 構造体を作成します。
Simulink.SimulationData.createStructOfTimeseriestimeseries データの構造体を作成して、バスのシミュレーション入力として読み込む
signalEditor信号エディターを起動

トピック

信号読み込み

ルート レベルの入力端子へのデータの読み込み

その他の信号読み込み手法