最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

単位を使用する信号データの読み込み

信号のログ、To File ブロックまたは To Workspace ブロックを使用して前回のシミュレーションでログに記録された信号データには、Dataset または Timeseries ログ形式の単位情報を含むことができます。

前のシミュレーションのログに記録されるルートレベルの Outport データには、次の場合単位情報が含まれます。

  • 次の [データのインポート/エクスポート] コンフィギュレーション パラメーターが設定されている。

    • [出力] が有効。

    • [形式]Dataset

  • ログを記録する Outport ブロックの [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスで、[単位] パラメーターが設定されている。

その他の場合、読み込む信号データに単位を含めるには、読み込む MATLAB® timeseries オブジェクトの Units プロパティに Simulink.SimulationData.Unit オブジェクトを指定します。

単位をもつバス信号の読み込み

ルートレベルの Inport ブロックまたは Outport ブロックにバス信号を入力する場合、あるいは From File ブロックまたは From Workspace ブロックを使用する場合、ブロックの出力データ型はバス オブジェクトでなければなりません。これらのブロックからデータを読み込むときに、読み込むデータの単位はバス オブジェクトのバス要素に指定されている単位と一致しなければなりません。読み込むデータの単位がバス オブジェクトのバス要素の単位と一致しない場合、Simulink® はバス オブジェクトで指定されている単位を使用します。

参考

クラス

関連する例

詳細