Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.BusElement

バスの要素のプロパティの指定

説明

Simulink.BusElement オブジェクトは Simulink.Bus オブジェクトの要素で、バス内の要素のプロパティを検証します。モデルをシミュレーションまたは更新するときに、Simulink® は、BusElement オブジェクトによって指定されたプロパティが対応するバス要素によって指定されたプロパティと一致するかどうかをチェックします。

BusElement オブジェクトは Bus オブジェクト内にのみ存在します。データ型として Bus オブジェクトは指定できますが、BusElement オブジェクトは指定できません。

Bus オブジェクトおよび BusElement オブジェクトをベース ワークスペースまたはデータ ディクショナリに作成し変更するには、バス エディターモデル エクスプローラー、または MATLAB® コマンドを使用します。Bus オブジェクトをモデル ワークスペースに保存することはできません。

作成

BusElement オブジェクトは複数の方法で作成できます。

説明

be = Simulink.BusElement は、既定のプロパティ値をもつ BusElement オブジェクトを返します。

プロパティ

すべて展開する

要素の名前。文字ベクトルとして指定します。

メモ

BusElement オブジェクトに対して信号のプロパティを検証するために、信号名は、アルファベット文字またはアンダースコア (_) で始まり、その後に英数字またはアンダースコアが続く有効な識別子でなければなりません。

データ型: char | string

要素の数値型。'real' または 'complex' として指定します。

データ型: char | string

要素の次元。スカラーまたはベクトルとして指定します。

生成コードでシンボリック次元を使用するには、Implement Symbolic Dimensions for Array Sizes in Generated Code (Embedded Coder)を参照してください。

データ型: double

要素のデータ型。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

[データ型アシスタントを表示] ボタン をクリックして、データ型の属性の設定に役立つ [データ型アシスタント] を表示します。詳細については、データ型アシスタントを利用したデータ型の指定を参照してください。

次のいずれかのオプションを指定できます。

  • 組み込みの Simulink データ型 — たとえば、'single''uint8' を指定します。Simulink でサポートされているデータ型を参照してください。

  • 固定小数点データ型 — 関数 fixdt を使用します。たとえば、'fixdt(1,16,0)' を指定します。

  • 列挙データ型 — Enum: が前に付いた型名を使用します。たとえば、'Enum: myEnumType' を指定します。

  • バス データ型 — Bus: が前に付いた Simulink.Bus オブジェクトの名前を使用します。たとえば、'Bus: myBusObject' を指定します。

  • 値の型 — ValueType: が前に付いた Simulink.ValueType オブジェクトの名前を使用します。たとえば、'ValueType: windVelocity' を指定します。

  • カスタムのデータ型 — 型を指定する MATLAB 式を使用します。たとえば、DataTypeMode プロパティが 'Fixed-point: unspecified scaling' 以外の値に設定されている Simulink.NumericType オブジェクトを指定できます。

Simulink.Bus オブジェクトを指定すると、階層的なバス (すなわち、他のバスを含むバス) を指定する Bus オブジェクトを作成できます。

Simulink.ValueType オブジェクトまたは Simulink.Bus オブジェクトを指定する場合は、データ型以外のものも定義します。そのオブジェクトでは [最小値][最大値][単位] などのプロパティも定義します。ValueType オブジェクトで指定されたプロパティ値は、ブロックで指定された対応するプロパティ値をオーバーライドします。たとえば、ブロックで [単位]ft/s に設定されているとします。ブロックの [データ型]ValueType オブジェクトが指定されており、そのオブジェクトの単位として m/s が使用されている場合、ブロックは ft/s ではなく m/s を使用します。

データ型: char | string

要素の最小値。スカラーとして指定します。この値は double の有限実数スカラー値でなければなりません。または、要素がバスの場合、値は空 [] でなければなりません。

データ型: double

要素の最大値。スカラーとして指定します。この値は double の有限実数スカラー値でなければなりません。または、要素がバスの場合、値は空 [] でなければなりません。

データ型: double

要素のサイズの処理方法を、'Fixed' または 'Variable' として指定します。

データ型: char | string

要素を表現する物理単位。文字ベクトルとして指定します。

詳細については、Simulink モデルでの単位の指定を参照してください。

例: 'inches'

データ型: char | string

バス要素の説明。文字ベクトルとして指定します。この説明を使用して、バス要素オブジェクトが適用される信号の種類など、BusElement オブジェクトに関する情報を記述します。この情報は、Simulink の処理に影響を与えません。

データ型: char | string

すべて折りたたむ

Simulink.BusElement オブジェクトの配列を使用して Simulink.Bus オブジェクトの階層を作成します。

Chirp および Sine という名前の 2 つの BusElement オブジェクトを含む配列をベース ワークスペースに作成します。

elems(1) = Simulink.BusElement;
elems(1).Name = 'Chirp';

elems(2) = Simulink.BusElement;
elems(2).Name = 'Sine';

配列のインデックス付けにより、配列の要素を作成したり要素にアクセスしたりできます。ドット表記によって要素のプロパティ値にアクセスできます。

elems 配列で定義される要素を含む、Sinusoidal という名前の Bus オブジェクトを作成します。

Sinusoidal = Simulink.Bus;
Sinusoidal.Elements = elems;

Bus オブジェクトの階層を作成するため、Sinusoidal という名前の Bus を参照する別の Bus オブジェクトを作成します。

NestedBus および Step という名前の 2 つの BusElement オブジェクトを含む配列を作成します。NestedBus 要素のデータ型として、Sinusoidal という名前の Bus オブジェクトを指定します。

clear elems

elems(1) = Simulink.BusElement;
elems(1).Name = 'NestedBus';
elems(1).DataType = 'Bus: Sinusoidal';

elems(2) = Simulink.BusElement;
elems(2).Name = 'Step';

elems 配列で定義される要素を含む、TopBus という名前の Bus オブジェクトを作成します。

TopBus = Simulink.Bus;
TopBus.Elements = elems;

作成されたオブジェクトの階層を [バス エディター] で表示できます。

buseditor

バージョン履歴

R2006a より前に導入

すべて展開する