Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink でサポートされているデータ型

Simulink® は、すべての組み込み数値 MATLAB® データ型をサポートしています。「組み込みデータ型」という用語は、MATLAB ユーザーが定義したデータ型に対し、MATLAB 自体で定義済みのデータ型のことを示します。特に記述がない場合、Simulink のドキュメンテーションで使用される「データ型」という用語は、組み込みデータ型のことを意味します。

次の表に、Simulink がサポートしている MATLAB の組み込みデータ型を示します。

名前説明

double

倍精度浮動小数点

single

単精度浮動小数点

int8

符号付き 8 ビット整数

uint8

符号なし 8 ビット整数

int16

符号付き 16 ビット整数

uint16

符号なし 16 ビット整数

int32

符号付き 32 ビット整数

uint32

符号なし 32 ビット整数

int64

符号付き 64 ビット整数

uint64

符号なし 64 ビット整数

half

半精度浮動小数点 (Fixed-Point Designer™ ライセンスが必要)

string

テキスト

このような組み込みデータ型に加えて、Simulink では、boolean (true または false) 型を定義します。値 1 および 0 は、それぞれ true および false を表します。このデータ型では、Simulink は非ゼロの実数の数値 (Inf など) を true (1) として表します。

ブロックがサポートするデータと信号のタイプ

すべての Simulink ブロックは、既定の設定で、double 型の信号を受け入れます。ブロックの中には、boolean 入力を受け入れるもの、および入力として複数のデータ型をサポートするものがあります。特定のブロックのパラメーターおよび入出力の値でサポートされているデータ型の詳細については、該当ブロックのリファレンス ページを参照してください。ブロックのドキュメンテーションがデータ型を指定していない場合、ブロックの入力あるいは出力は、double 型になります。

複数のブロックがデータ型としてバス オブジェクト (Simulink.Bus) をサポートしています。バス信号のデータ型を参照してください。

Simulink のブロックの多数は、固定小数点データ型もサポートしています。固定小数点データについての詳細は、固定小数点データ型の指定を参照してください。特定のブロックのパラメーターおよび入出力の値でサポートされているデータ型の詳細については、Simulink ドキュメンテーションの該当ブロックのリファレンス ページの「データ型のサポート」を参照してください。ブロックのドキュメンテーションがデータ型を指定していない場合、ブロックの入力あるいは出力は、double 型になります。

Simulink ブロック ライブラリのブロックによってサポートされるデータ型を要約した表を表示するには、MATLAB コマンド ラインから次のコマンドを実行します。

showblockdatatypetable

参考

|

関連するトピック