Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.Bus

バスのプロパティを指定

説明

Simulink.Bus オブジェクトは、Simulink.BusElement オブジェクトと共に使用して、バスのプロパティを指定し検証します。モデルをシミュレーションしたりブロック線図を更新したりするとき、Simulink® は、ブロックに接続されているバスが、指定された Simulink.Bus オブジェクトに一致しているかどうかをチェックします。

Bus オブジェクトは、バスのアーキテクチャのプロパティのみ指定します。たとえば、バス オブジェクトで要素名、階層、順序、データ型を指定できます。Bus オブジェクトはバス内の信号の値を指定できません。

Bus オブジェクトは、C における構造定義に似ています。つまり、Bus オブジェクトは、バスのメンバーを定義しますが、バスは作成しません。Bus オブジェクトはケーブル コネクタにも似ています。コネクタはすべてのピンとそれらの構成を定義し、接続可能なワイヤのタイプを制御します。同様に、Bus オブジェクトは関連付けられたバスに必要な信号の構成とプロパティを定義します。

Bus オブジェクトには Simulink.BusElement オブジェクトが含まれています。各 BusElement オブジェクトは、名前、データ型、次元など、バス内の 1 つの信号のプロパティを指定します。Bus オブジェクト内の BusElement オブジェクトの順序により、バス内の信号の順序が決まります。

Bus オブジェクトは、構成要素の信号によって定義されずに、継承に依存するプロパティを指定できます。

Bus オブジェクトをベース ワークスペースまたはデータ ディクショナリに作成し変更するには、バス エディターまたは MATLAB® コマンドを使用します。Bus オブジェクトをモデル ワークスペースに保存することはできません。

モデル内で Bus オブジェクトを使用する場合は、Simulink.Bus オブジェクトでのバス プロパティの指定を参照してください。

作成

説明

busObject = Simulink.Bus は、次のプロパティ値をもつ Bus オブジェクトを返します。

    Description: ''
      DataScope: 'Auto'
     HeaderFile: ''
      Alignment: -1
       Elements: [0×0 Simulink.BusElement]
    
Bus オブジェクトの名前は、Bus オブジェクトを割り当てる MATLAB 変数の名前です。

プロパティ

すべて展開する

バスの description。文字ベクトルとして指定します。description を使用して、バス オブジェクトが適用される信号の種類や Bus オブジェクトの使用場所など Bus オブジェクトに関する情報を記述します。この情報は、Simulink 処理に影響を与えません。

バスの要素。Simulink.BusElement オブジェクトの配列として指定します。各 BusElement オブジェクトはバス内の信号の名前、データ型、次元、その他のプロパティを定義します。

生成コード内のデータ型の定義モード。'Auto''Exported' または 'Imported' として指定します。このプロパティは、コードの生成中に、データ型定義を HeaderFile プロパティで指定されたヘッダー ファイルからインポートするか、このファイルにエクスポートするかを指定します。

アクション
'Auto' (既定の設定)

指定されたヘッダー ファイルからデータ型定義をインポートします。ヘッダー ファイルを指定しない場合、データ型定義を既定のヘッダー ファイルにエクスポートします。

'Exported'データ型定義を指定されたヘッダー ファイルまたは既定のヘッダー ファイルにエクスポートします。
'Imported'指定されたヘッダー ファイルまたは既定のヘッダー ファイルからデータ型定義をインポートします。

データ型定義で使用される C ヘッダー ファイル。文字ベクトルとして指定します。DataScope プロパティの値に基づいて、ヘッダー ファイルからデータ型定義をインポート、またはヘッダー ファイルにデータ型定義をエクスポートします。Simulink Coder™ ソフトウェアではコード生成にこのプロパティが使用されます。Simulink ソフトウェアではこのプロパティは無視されます。

既定では、生成された #include 命令は、< および > の代わりに、プリプロセッサの区切り記号である " を使用します。命令 #include <myTypes.h> を生成するには、HeaderFile<myTypes.h> として指定します。

データ整列境界。整数 (バイト数) として指定します。Simulink Coder ソフトウェアではコード生成にこのプロパティが使用されます。Simulink ソフトウェアではこのプロパティは無視されます。

このバスに割り当てられるデータの開始メモリ アドレスは Alignment 設定の倍数です。配置を必要とする状況でオブジェクトが発生した場合は、128 を超えない 2 のべき乗である正の整数もつ Alignment 値を指定しなければなりません。

すべて折りたたむ

この例では、Bus オブジェクトおよび関連する BusElement オブジェクトをベース ワークスペースに作成する方法を説明します。

CONTROL という名前の Bus オブジェクトを作成します。

CONTROL = Simulink.Bus;

VALVE1 および VALVE2 という名前の 2 つの BusElement を作成してプロパティを指定します。

valve1 = Simulink.BusElement;
valve1.Name = 'VALVE1';
valve1.Dimensions = 1;
valve1.DimensionsMode = 'Fixed';
valve1.DataType = 'double';
valve1.SampleTime = -1;
valve1.Complexity = 'real';

valve2 = Simulink.BusElement;
valve2.Name = 'VALVE2';
valve2.Dimensions = 1;
valve2.DimensionsMode = 'Fixed';
valve2.DataType = 'double';
valve2.SampleTime = -1;
valve2.Complexity = 'real';

要素を CONTROL Bus オブジェクトに割り当てます。

CONTROL.Elements = [valve1 valve2];

代替方法

Bus オブジェクトを対話的に作成するには、バス エディターを使用します。

モデル内のブロック、MATLAB データ、および外部 C コードから Bus オブジェクトを作成するには、プログラムによるバス オブジェクトの作成を参照してください。

R2006a より前に導入