ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.Bus.save

MATLAB ファイルにバス オブジェクトを保存

説明

Simulink.Bus.save(fileName) は、MATLAB® ベース ワークスペース内にあるすべてのバス オブジェクト (Simulink.Bus クラスのインスタンス) を cell 配列の cell 配列をもつ MATLAB ファイルに保存します。下位の各 cell 配列はバス オブジェクトを表し、次のデータを含んでいます。

  • バス名

  • ヘッダー ファイル

  • 説明

  • データ スコープ

  • 配置

  • 要素

要素フィールドは、各要素に関する次のデータを含んでいる配列です。

  • 要素名

  • 次元

  • データ型

  • サンプル時間

  • 実数/複素数

  • 次元モード

  • 最小値

  • 最大値

  • 単位

  • 説明

Simulink.Bus.save(fileName,format) は、バス オブジェクトをバス情報の入った cell 配列またはバス オブジェクト自体の入った cell 配列をもつ MATLAB ファイルに保存します。

Simulink.Bus.save(fileName,format,busNames) は、busNames に名前が入っているバス オブジェクトだけを保存します。

すべて折りたたむ

関数 Simulink.Bus.save を使用して、バス オブジェクトを保存します。

バス オブジェクト情報の cell 配列を定義します。

busCell = { ...
        { ...
            'myBusObj', ...       
            'MyHeader.h', ...     
            'My description', ... 
            'Exported', ...       
            '-1', ...             
            {{'a',1,'double',[0.2 0],'real','Frame'}; ...
            {'b',1,'double',[0.2 0],'real','Sample'}},...
            }, ...
        };

myBusObj バス オブジェクトを cell 配列から作成します。

Simulink.Bus.cellToObject(busCell);

バス オブジェクトをセル形式で BusCellFile1 ファイルに保存します。

fileName = 'BusCellFile1';
Simulink.Bus.save(fileName);

バス オブジェクトをバス形式で保存します。

Simulink.Bus.save('BusObjFile','object');

myBusObj をセル形式で BusCellFile2.m に保存します。

Simulink.Bus.save('BusCellFile2','cell',{'myBusObj'});

入力引数

すべて折りたたむ

バス オブジェクトを保存するファイル。文字ベクトルとして指定します。

バス オブジェクトをファイルに保存する形式。'cell' または 'object' のいずれかとして指定します。セル形式の方がコンパクトですが、オブジェクト形式の方が読みやすくなります。

保存するバス オブジェクト。バス オブジェクトの cell 配列として指定します。ベース ワークスペース内の指定されたバス オブジェクトのみが保存されます。

ヒント

Simulink.Bus.save によって cell 配列形式で作成された MATLAB ファイルを実行すると、Simulink.Bus.cellToObject が呼び出されてバス オブジェクトが再作成され、cell 配列に入った新しいバス オブジェクトが返されます。バス オブジェクトの作成を行わないようにするには、MATLAB ファイルの実行時にオプション引数 'false' を指定します。

R2006a より前に導入