最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.Bus.save

Simulink.Bus オブジェクトの関数への保存

説明

Simulink.Bus.save(fileName) は、MATLAB® ベース ワークスペースからのすべての Simulink.Bus オブジェクトを関数内に保存します。生成された関数は cell 配列の cell 配列内のオブジェクトのプロパティを定義し、Simulink.Bus.cellToObject を呼び出して Bus オブジェクトを作成します。

Simulink.Bus.save(fileName,format) は、Bus オブジェクトを、指定された形式の関数内に保存します。関数では、cell 配列または配列を使用してオブジェクトのプロパティを定義できます。

Simulink.Bus.save(fileName,format,busNames) は指定された Bus オブジェクトのみを関数内に保存します。

Simulink.Bus.save(fileName,format,busNames,scope) は、scope によって指定されるデータ ディクショナリからの Bus オブジェクトを関数内に保存します。

すべて折りたたむ

関数 Simulink.Bus.save を使用して、Bus オブジェクトを保存します。

バス オブジェクト情報の cell 配列を作成します。

busCell = { ...
        { ...
            'myBusObj', ...
            'MyHeader.h', ...
            'My description', ...
            'Exported', ...
            '-1', ...
            {{'a',1,'double',-1,'real','Sample'}; ...
            {'b',1,'double',-1,'real','Sample', ...
            'Fixed',-3,3,'m','b is distance from the origin'}}, ...
        } ...
        { ...
            'myBusObj1', ...
            'MyHeader1.h', ...
            'My description', ...
            'Exported', ...
            '-1', ...
            {{'c',1,'double',-1,'real','Sample'}; ...
            {'d',1,'double',-1,'real','Sample'}}, ...
        } ...
    };

cell 配列からベース ワークスペースに Bus オブジェクトを生成します。

Simulink.Bus.cellToObject(busCell);

既定の形式を使用して Bus オブジェクトを関数内に保存します。

Simulink.Bus.save('BusObjectFunctionCellFormat');

読みやすさを考慮して書式設定された関数では、関数の形式を 'object' として指定します。

Simulink.Bus.save('BusObjectFunctionObjectFormat','object');

Bus オブジェクトを 1 つのみ関数内に保存するには、Bus オブジェクト名を指定します。

Simulink.Bus.save('BusObjectFunctionSubset','cell',{'myBusObj'});

入力引数

すべて折りたたむ

生成する関数の名前。文字ベクトルとして指定します。ファイル名は一意でなければなりません。

例: Simulink.Bus.save('BusObjectFunction');

生成する関数の形式。'cell' または 'object' のいずれかとして指定します。'cell' 形式の方がコンパクトですが、'object' 形式の方が読みやすくなります。

'cell' 形式では、Bus オブジェクト定義を cell 配列の cell 配列に保存し、Simulink.Bus.cellToObject を呼び出して Bus オブジェクトを作成します。後続のそれぞれの cell 配列は Bus オブジェクトを表しており、次のプロパティを含んでいます。

  1. バス名

  2. ヘッダー ファイル

  3. 説明

  4. データ スコープ

  5. 配置

  6. 要素

要素フィールドは、Bus オブジェクトが参照するそれぞれの Simulink.BusElement オブジェクトについてのこの情報を含む cell 配列です。

  1. 要素名

  2. 次元

  3. データ型

  4. サンプル時間

  5. 実数/複素数

  6. 次元モード

  7. 最小値

  8. 最大値

  9. 単位

  10. 説明

'object' 形式では、Bus オブジェクト定義は配列として保存されます。関数は、配列インデックス付けを使用して配列の要素にアクセスし、ドット表記を使用してプロパティ値を割り当てます。詳細については、配列インデックス付けおよびプロパティ値へのアクセスを参照してください。

例: Simulink.Bus.save('BusObjectFunction','object');

保存する Bus オブジェクト。空の cell 配列 ({}) または Bus オブジェクト名の cell 配列として指定します。

Bus オブジェクト名の cell 配列を指定すると、指定された Bus オブジェクトのみが保存されます。

空の cell 配列を指定すると、すべての Bus オブジェクトが保存されます。空の cell 配列を使用して、scope によって指定されるデータ ディクショナリ内の Bus オブジェクトをすべて保存します。

例: Simulink.Bus.save('BusObjectFunction','cell',{'myBusObj'});

データ ディクショナリ。Simulink.data.Dictionary オブジェクトとして指定します。この引数を使用する前に、関数 Simulink.data.dictionary.create や関数 Simulink.data.dictionary.open を使用してディクショナリを Simulink.data.Dictionary オブジェクトで表しておきます。

scope が空の場合、関数は Bus オブジェクトのソースとして MATLAB ベース ワークスペースを使用します。

例: Simulink.Bus.save('BusObjectFunction','cell',{},dataDictionaryObject);

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019b 以降は非推奨

R2006a より前に導入