最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.data.dictionary.create

新しいデータ ディクショナリの作成と Simulink.data.Dictionary オブジェクトの作成

説明

dictionaryObj = Simulink.data.dictionary.create(dictionaryFile) はデータ ディクショナリ ファイルを現在の作業フォルダーまたは dictionaryFile で指定できるファイル パスに作成します。関数は新しいデータ ディクショナリを表す Simulink.data.Dictionary オブジェクトを返します。

すべて折りたたむ

現在の作業フォルダーにデータ ディクショナリ myNewDictionary.sldd を作成し、その新しいデータ ディクショナリを表す Simulink.data.Dictionary オブジェクトを作成します。そのオブジェクトを変数 myDictionaryObj に代入します。

myDictionaryObj = Simulink.data.dictionary.create('myNewDictionary.sldd')
myDictionaryObj = 

  Dictionary with properties:

                DataSources: {0x1 cell}  
   HasAccessToBaseWorkspace: 0
EnableAccessToBaseWorkspace: 0
          HasUnsavedChanges: 0
            NumberOfEntries: 0

入力引数

すべて折りたたむ

新しいデータ ディクショナリの名前。ファイル名と、必要に応じて、作成するディクショナリのパスを含む文字ベクトルとして指定します。パスを指定しない場合は、Simulink.data.dictionary.create は新しいデータ ディクショナリ ファイルを MATLAB 作業フォルダーに作成します。Simulink.data.dictionary.create は作業フォルダーを基準に相対的に指定するファイル パスもサポートします。

例: 'myDictionary.sldd'

例: 'C:\Users\jsmith\myDictionary.sldd'

例: '..\myOtherDictionary.sldd'

データ型: char

出力引数

すべて折りたたむ

新規に作成されたデータ ディクショナリ。Simulink.data.Dictionary オブジェクトとして返されます。

代替方法

Simulink エディターを使用してデータ ディクショナリを作成し、それをモデルにリンクできます。詳細については、ディクショナリを使用する単一モデルの移行を参照してください。

R2015a で導入