ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.Bus.cellToObject

バスの情報を含む cell 配列をバス オブジェクトに変換

説明

Simulink.Bus.cellToObject(busCells) は、バス情報の cell 配列から MATLAB® ベース ワークスペース内にバス オブジェクトのセットを作成します。

すべて折りたたむ

バス情報の cell 配列の cell 配列を作成し、その cell 配列を使用してベース ワークスペース内でバス オブジェクトを生成します。

バス情報の cell 配列を作成します。

busCell = { ...
        { ...
            'myBusObj', ...
            'MyHeader.h', ...
            'My description', ...
            'Exported', ...
            '-1', ...
            {{'a',1,'double', [0.2 0],'real','Sample'}; ...
            {'b',1,'double', [0.2 0],'real','Sample',...
            'Fixed',-3,3,'m','b is distance from the origin'}},...
            }, ...
        };

cell 配列からベース ワークスペースにバス オブジェクトを生成します。

Simulink.Bus.cellToObject(busCell)

入力引数

すべて折りたたむ

バス オブジェクト情報。cell 配列の cell 配列として指定します。下位の各 cell 配列には以下のバス オブジェクト情報を含めなければなりません。

  1. バス名

  2. ヘッダー ファイル

  3. 説明

  4. データ スコープ

  5. 配置

  6. 要素

要素フィールドは、各要素に次のデータを含まなければならない配列です。

  1. 要素名

  2. 次元

  3. データ型

  4. サンプル時間

  5. 実数/複素数

  6. サンプリング モード

要素フィールド配列には次のデータを含めることもできます。

  1. 次元モード

  2. 最小値

  3. 最大値

  4. 単位

  5. 説明

ヒント

逆関数は Simulink.Bus.objectToCell です。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2016b での開始は非推奨

R2006a より前に導入