ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.Bus.objectToCell

バス オブジェクトを使用して、バス情報を含む cell 配列を作成

説明

cells = Simulink.Bus.objectToCell(busNames) は、MATLAB® ベース ワークスペース内に一連のバス オブジェクトのセットからバス情報の cell 配列を作成します。cell 配列は、各バス オブジェクトを定義する下位の cell 配列を含みます。出力 cell 配列の要素の順序は入力 cell 配列内の名前の順序に対応しています。

cells = Simulink.Bus.objectToCell(busNames,scope) は、バス オブジェクトが MATLAB ベース ワークスペースまたはデータ ディクショナリのどちらにあるか指定します。

すべて折りたたむ

関数 Simulink.Bus.objectToCell を使用して、ベース ワークスペース内のバス オブジェクトに関する情報の cell 配列を作成します。

定義された 2 つのバス オブジェクト (CONTROLMAIN) をもつモデルを開きます。

open_system(fullfile(matlabroot,'examples','simulink',...
    'ex_bus_object_tutorial_using_objects'))

CONTROL バス オブジェクトに関する情報の cell 配列を作成します。

cells = Simulink.Bus.objectToCell({'CONTROL'});
cells{1}
ans =

  1x6 cell array

    {'CONTROL'}    {0x0 char}    {0x0 char}    {'Auto'}    {'-1'}    {2x1 cell}

入力引数

すべて折りたたむ

バス オブジェクト情報の cell 配列を作成するバス オブジェクト。cell 配列として指定します。バス オブジェクト名を文字ベクトルとして指定します。busNames が空の場合、ベース ワークスペースまたはデータ ディクショナリ内のすべてのバス オブジェクトが変換されます。

例: cells = Simulink.Bus.objectToCell({'busObject'})

データ ディクショナリまたは MATLAB ベース ワークスペース。文字ベクトルとして指定します。scope が空の場合、関数はベース ワークスペースを使用します。

例: cells = Simulink.Bus.objectToCell({},dataDictionaryObject)

出力引数

すべて折りたたむ

バス オブジェクト情報。cell 配列の cell 配列として指定します。下位の各 cell 配列には、次のバス オブジェクト情報が含まれます。

  1. バス名

  2. ヘッダー ファイル

  3. 説明

  4. データ スコープ

  5. 配置

  6. 要素

要素フィールドは、各バス要素に関する次のデータを含んでいる配列です。

  1. バス要素名

  2. 次元

  3. データ型

  4. サンプル時間

  5. 実数/複素数

  6. サンプリング モード

要素フィールドには、該当する場合は以下のデータも含まれます。

  1. 次元モード

  2. 最小値

  3. 最大値

  4. 単位

  5. 説明

ヒント

逆関数は Simulink.Bus.cellToObject です。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2016b での開始は非推奨

R2007a で導入