最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Enable

イネーブル端子をサブシステムまたはモデルに追加

  • ライブラリ:
  • Simulink / Ports & Subsystems

    HDL Coder / Ports & Subsystems

説明

Enable ブロックでは、外部信号でサブシステムまたはモデルの実行を制御できます。この機能を有効にするには、Subsystem ブロックまたは Model ブロックで参照されるモデルのルート レベルでブロックを追加します。

モデルのルート レベルでイネーブル端子を使用する場合は、次のようにします。

  • マルチ レート モデルでは、ソルバーをシングルタスクに設定します。

  • 固定ステップ サイズをもつモデルでは、そのモデル内で少なくとも 1 つのブロックは指定した固定ステップ サイズのレートで実行しなければなりません。

端子

出力

すべて展開する

Enable Subsystem ブロックの外側に外部で接続され、サブシステムの内部に渡されるイネーブル信号。[出力端子の表示] パラメーターを選択すると、イネーブル信号端子は Enable ブロックに追加されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | expression

パラメーター

すべて展開する

Subsystem ブロックまたは Model ブロックが無効にされたときに、サブシステムまたはモデル内のブロックに関するブロックの状態がどのようになるかを選択します。

保持

ブロックの状態を前の値で保持します。

リセット

ブロックの状態を初期条件 (定義されていない場合はゼロ) にリセットします。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: StatesWhenEnabling
型: 文字ベクトル
値: 'held' | 'reset'
既定の設定: 'held'

可変サイズの信号をいつ伝播するかを選択します。

イネーブルのときのみ

Enable 端子ブロックを含む Subsystem ブロックまたは Model ブロックを再度有効にするときに、可変サイズの信号を伝播します。このオプションを選択する場合、サンプル時間は周期的である必要があります。

実行中

各タイム ステップで可変サイズの信号を伝播します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: PropagateVarSize
型: 文字ベクトル
値: 'Only when enabling' | 'During execution'
既定の設定: 'Only when enabling'

出力端子は、Enable Subsystem ブロックまたは有効な Model ブロックの外側に外部続されたイネーブル信号を、内部に渡します。

オフ

Enable 端子ブロックで出力端子を削除します。

オン

Enable 端子ブロックに出力端子を表示します。このオプションを選択すると、サブシステムまたはモデルでイネーブル信号を処理できます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ShowOutputPort
型: 文字ベクトル
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

モデルのゼロクロッシング検出を制御する。

オン

ゼロクロッシングを検出します。

オフ

ゼロクロッシングを検出しません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ZeroCross
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

Model ブロックに外部で接続され、ブロックの内部に渡されるイネーブル信号の次元を指定します。

1

スカラー信号。

[n]

n のベクトル信号。

[m n]

mn 列をもつ行列信号。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: PortDimensions
型: 文字ベクトル
値: '1' | '[n]' | '[m n]'
既定の設定: '1'

ブロック メソッド実行の時間間隔を指定します。サンプル時間の指定を参照してください。

-1

モデルから継承したサンプル時間。

Ts

Ts が時間間隔のスカラー。

[Ts, To]

Ts が時間間隔で To が初期時間オフセットのベクトル。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SampleTime
型: 文字ベクトル
値: '-1' | 'Ts' | '[Ts, To]'
既定の設定: '-1'

Model ブロックに外部で接続され、ブロックの内部に渡されるイネーブル信号の最小値を指定します。

Simulink® は、以下を行う際にこの値を使用します。

  • シミュレーション範囲のチェック。信号範囲を参照してください。

  • 固定小数点データ型の自動スケーリング

  • 生成コードの最適化。この最適化により、アルゴリズム コードが削除され、SIL やエクスターナル モードなどの一部のシミュレーション モードの結果に影響を与えることがあります。指定した最小値と最大値を使用した最適化 (Simulink Coder)を参照してください。

[]

未指定の最小値。

実数スカラー

実数で double のスカラー値。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutMin
型: 文字ベクトル
値: '[]' | '<real scalar>'
既定の設定: '[]'

Model ブロックに外部で接続され、ブロックの内部に渡されるイネーブル信号の最大値を指定します。

Simulink は、以下を行う際にこの値を使用します。

  • シミュレーション範囲のチェック。信号範囲を参照してください。

  • 固定小数点データ型の自動スケーリング

  • 生成コードの最適化。この最適化により、アルゴリズム コードが削除され、SIL やエクスターナル モードなどの一部のシミュレーション モードの結果に影響を与えることがあります。指定した最小値と最大値を使用した最適化 (Simulink Coder)を参照してください。

[]

未指定の最大値。

実数スカラー

実数で double のスカラー値。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutMax
型: 文字ベクトル
値: '[]' | '<real scalar>'
既定の設定: '[]'

Model ブロックに外部で接続され、ブロックの内部に渡されるイネーブル信号のデータ型を指定します。

double

倍精度浮動小数点。

single

単精度浮動小数点。

int8

符号付き 8 ビット整数。

uint8

符号なし 8 ビット整数。

int16

符号付き 16 ビット整数。

uint16

符号なし 16 ビット整数。

int32

符号付き 32 ビット整数。

uint32

符号なし 32 ビット整数。

int64

符号付き 64 ビット整数。

uint64

符号なし 64 ビット整数。

boolean

true または false の値をもつ boolean。

[fixdt(1,16)]

2 進小数点が未定義の符号付き 16 ビット固定小数点数。

fixdt(1,16,0)

2 進小数点がゼロに設定された符号付き 16 ビット固定小数点数。

fixdt(1,16,2^,0)

勾配が 2^0 に設定され、バイアスが 0 に設定された符号付き 16 ビット固定小数点数。

<data type expression>

データ型オブジェクト。たとえば、Simulink.NumericType などです。バス オブジェクトを式として指定しないでください。

プログラムでの使用

b

ブロック パラメーター: OutDataTypeStr
型: 文字ベクトル
値: 'double' | 'single' | 'int8' | 'uint8' | 'int16' | 'uint16' | 'int32' | 'uint32' | 'int64' | 'uint64' | 'boolean' | '<fixdt(1,16)' | 'fixdt(1,16,0)' | 'fixdt(1,16,2^0,0)' | '<data type expression>'
既定の設定: 'double'

データ型カテゴリを選択し、ドロップダウン リストを表示して、データ型を定義しやすくします。

組み込み

[データ型] と [データ型オーバーライド] のドロップダウン リストを表示します。

固定小数点

[符号付き/なし]、[スケーリング]、[データ型オーバーライド] のドロップダウン リストを表示します。

式を入力するテキスト ボックスを表示します。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[データ型アシスタントを表示] ボタンを選択します。

プログラムでの使用

同等のコマンド ライン パラメーターはありません。

ワークスペースからデータを読み込むときに、欠損しているワークスペース データの値を指定します。

オン

対応するワークスペース データが存在しないタイム ステップで出力を線形内挿します。

オフ

出力をタイム ステップで内挿しません。現在の出力は、データが存在する最も近いタイム ステップでの出力に等しくなります。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Interpolate
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'on'

モデルの例

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

はい

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入