ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

条件付き実行サブシステムの概要

"条件付き実行サブシステム" とは、外部信号で実行を制御できるようにする Atomic サブシステムです。"制御信号" と呼ばれる外部信号は "制御入力" 端子に接続されています。条件付きサブシステムは、実行が他のコンポーネントに依存するコンポーネントを含む複雑なモデルを作成するような場合に便利です。

Simulink® では、次の種類の条件付きサブシステムをサポートしています。

  • Enabled Subsystem — 制御信号が正のときにタイム ステップごとに 1 回実行されます。実行は、制御信号が負から正の方向にゼロを横切るタイム ステップで開始されます。Enabled Subsystem の使用を参照してください。

  • Triggered Subsystem — 制御信号がゼロに対して立ち上がるか立ち下がるか、ゼロを横切るタイム ステップごとに 1 回実行されます。Triggered Subsystem の使用を参照してください。

  • Enabled and Triggered Subsystem —イネーブル制御信号が正の値であり、トリガー制御信号がゼロに対して立ち上がるか立ち下がる場合にタイム ステップごとに 1 回実行されます。Enabled and Triggered Subsystem の使用を参照してください。

  • Function-Call subsystem — 制御信号が関数呼び出しイベントを受信する場合に実行されます。イベントは、タイム ステップ中に 1 回以上発生する可能性があります。Stateflow® チャート、Function-Call Generator ブロックまたは S-function ブロックは関数呼び出しイベントを提供できます。Function-Call Subsystem の使用を参照してください。

モデル例

参考

ブロック

関連する例

詳細