最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Enabled and Triggered Subsystem の使用

Enabled and Triggered Subsystem は、次の両方の条件が適用されると、各シミュレーション タイム ステップごとに 1 回実行される条件付き実行サブシステムです。

  • イネーブル制御信号に正の値がある。

  • トリガー制御信号が立ち上がるか立ち下がりゼロを通過する。

Enabled and Triggered Subsystem ブロックには Enable Port ブロックと Trigger Port ブロックの両方が含まれます。トリガー信号が立ち上がるか立ち下りゼロを通過すると、イネーブル入力端子をチェックしてイネーブル制御信号を評価します。その値がゼロより大きいと、サブシステムが実行されます。両方の入力がベクトルの場合は、少なくとも各ベクトルの 1 つの要素が非ゼロであれば、サブシステムは実行されます。

Enabled Subsystem and Triggered Subsystem の作成

Enabled Subsystem and Triggered Subsystem を作成するには、次を行います。

  1. モデルに Enabled and Triggered Subsystem ブロックを追加します。

    • ブロックを Simulink Ports & Subsystems ライブラリからモデルにコピーします。

    • モデル ブロック線図をクリックし、enabled と入力してから、Enabled and Triggered Subsystem を選択します。

  2. Outport ブロックの初期値とディセーブルにされた値を設定します。条件付きサブシステムの初期出力値および条件付きサブシステムが無効な場合の出力値を参照してください。

  3. 制御信号が実行をトリガーする方法を設定します。

    Subsystem ブロックを開き、Trigger Port ブロックのパラメーター ダイアログ ボックスを開きます。[トリガー タイプ] ドロップダウン リストで次を選択します。

    • 立ち上がり — 制御信号が負の値またはゼロの値から正の値に上昇すると、サブシステムの実行がトリガーされます。

    • 立ち下がり — 制御信号が正の値またはゼロの値から負の値に下降すると、サブシステムの実行がトリガーされます。

    • 両方 — 立ち上がりまたは立ち下がりのいずれかの制御信号でサブシステムの実行がトリガーされます。

    Trigger ブロックと Subsystem ブロックに異なる記号が表示され、立ち上がりトリガーおよび立ち下がりトリガーを示します。

  4. イネーブル時のサブシステムの状態を処理する方法を指定します。

    Subsystem ブロックを開いてから、Enable Port ブロックを開きます。[イネーブル時の状態] ドロップダウン リストから次を選択します。

    • 保持 — 状態は最新の値を保持します。

    • リセット — サブシステムが少なくとも 1 タイム ステップでディセーブルになっている場合、状態は初期条件に戻ります。

    簡易初期化モードでは、サブシステムの経過時間は、イネーブルになった後の最初の実行中に必ずリセットされます。このリセットは、サブシステムがイネーブル時にリセットされるように設定されているかどうかにかかわらず発生します。指定不足の初期化の検出を参照してください。

    入れ子にされたサブシステムの Enable ブロックが異なるパラメーター設定をもつ場合、子サブシステムの設定は、親サブシステムから継承された設定をオーバーライドします。

Enabled Subsystem and Triggered Subsystem 内のブロック

Enabled and Triggered Subsystem 内のすべてのブロックは、継承 (-1) または定数 (inf) に設定された [サンプル時間] をもたなければなりません。この要件により、Triggered Subsystem 自体が実行された場合にのみ Triggered Subsystem 内のブロックが実行されるように指定できます。また、この要件は、Triggered Subsystem が Integrator ブロックのような連続ブロックを含むことができないことも意味します。

モデル例

参考

ブロック

関連する例

詳細