最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Enabled and Triggered Subsystem

実行が外部入力によって有効化され、トリガーされるサブシステム

  • ライブラリ:
  • Simulink / Ports & Subsystems

説明

Enabled and Triggered Subsystem ブロックは、次の両方の状況が生じた場合に実行されるサブシステムを作成するための開始点として事前構成されている Subsystem ブロックです。

  • イネーブル制御信号に正の値がある。

  • トリガー制御信号にトリガー値がある。

Enabled and Triggered Subsystem ブロックを使用して以下をモデル化します。

  • オプション機能。

  • 代替機能。

端子

入力

すべて展開する

Inport ブロックをサブシステム ブロック内に配置することで、ブロックへの外部入力端子が追加されます。端子ラベルは Inport ブロックの名前と一致します。

ローカル環境から信号を取得するには、Inport ブロックを使用します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

Enable ブロックをサブシステム ブロック内に配置することで、ブロックへの外部入力端子が追加されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

Trigger ブロックをサブシステム ブロック内に配置することで、ブロックへの外部入力端子が追加されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

出力

すべて展開する

Outport ブロックをサブシステム ブロック内に配置することで、ブロックの出力端子が追加されます。サブシステム ブロック上の端子ラベルは Outport ブロックの名前です。

信号をローカル環境に送信するには、Outport ブロックを使用します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

ブロックの特性

データ型

Boolean[a] | bus[a] | double[a] | enumerated[a] | fixed point[a] | integer[a] | single[a] | string[a]

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

限定的[a]

可変サイズの信号

限定的[a]

ゼロクロッシング検出

いいえ

[a] 実際のデータ型または機能のサポートは、ブロックの実装に依存します。

拡張機能

R2006a より前に導入