Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

サブシステム コードを別々の関数およびファイルとして生成

モデル内のサブシステムに対して、別のサブシステム関数とファイルをそれぞれ生成するには、次の手順に従います。

  1. Subsystem ブロックを右クリックします。コンテキスト メニューから [ブロックのパラメーター (Subsystem)] を選択します。

  2. サブシステムがバーチャルの場合は、[Subsystem のパラメーター] ダイアログ ボックスで [Atomic サブシステムとして扱う] を選択します。[コード生成] タブの [関数のパッケージ化] パラメーターが利用可能になります。

  3. [コード生成] タブをクリックし、[関数のパッケージ化] パラメーターから [再利用できない関数] を選択します。[再利用できない関数] オプションにより、次の 2 つのパラメーターが有効になります。

  4. [関数名オプション] パラメーターを設定します。

  5. [ファイル名オプション] パラメーターは、[自動] 以外の値に設定します。再利用可能な関数をサブシステムに生成する場合は、サブシステムからの再呼び出し可能なコードの生成またはモデル間で共有されるライブラリ サブシステムからの再利用可能なコードの生成を参照してください。

  6. [適用] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

  7. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。モデル コンフィギュレーション パラメーター [ファイル パッケージ化形式] (Embedded Coder)[モジュラー] に設定します。