Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

連続プラントをモデル化するデータの読み込み

連続プラント モデルは、時間のうえでは滑らかで中断のない信号データを使用します。各時間値に信号データがあります。連続プラント モデルは連続ソルバー (明示的な離散ソルバー以外の任意のソルバー) を使用します。ソルバーは固定ステップまたは可変になります。このモデルには、Integrator ブロックなど、Simulink® の Continuous ライブラリからのブロックが含まれます。

連続プラントを表すデータを読み込む場合、ルートレベルの入力端子または From Workspace ブロックのいずれかの使用を検討します。From Workspace ブロックを使用すると、モデル内で深く埋もれている端子にデータを読み込む場合に便利です。

信号データの場合、次のようにします。

  • 連続プラントから抽出された時間ベクトルと信号値を指定します。たとえば、実験的に取得したデータまたは前のシミュレーションの結果から抽出します。

  • 入力データの指定にリストされているデータ形式を使用します。次のインポートされたデータ ソースの推奨形式は以下のとおりです。

    • 別のシミュレーション — Dataset

    • 等式 — MATLAB® 時間式

    • 実験データ — MATLAB timeseries、時間付き構造体、時間なし構造体、データ配列

    構造体データについては、時間データの指定を参照してください。

シミュレーション データを使用した連続プラントのモデル化

この例は、2 番目のモデルのシミュレーションの 1 つのモデル シミュレーションから信号ログ データを使用する方法を示しています。詳細については、別のシミュレーションでログ記録されたデータの読み込みを参照してください。

別のモデルでシミュレーション用の可変ステップ ソルバーを使用するシミュレーションからデータを使用する場合、2 番目のシミュレーションは 1 番目のシミュレーションと同じタイム ステップでデータを読み込まなければなりません。

  1. ex_data_import_continuous モデルを開きます。

    このモデルは、ode15s ソルバーを使用して、連続信号を生成します。

  2. このモデルの出力を別のモデルのシミュレーションの入力として使用するには、使用する信号のログを取ります。Simulink エディターでその信号を選択し、[信号のログ] をクリックします。

    メモ

    信号のログを有効にするには、[コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][信号のログ] パラメーターを選択します。このモデルでは [信号のログ] が有効になっています。

  3. モデルをシミュレートします。

    モデルをシミュレーションするとログ記録された信号が Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクト logsout でワークスペースに保存されます。

    Simulink.SimulationData.Dataset.getElement メソッドを使用して、ログ データにアクセスします。個々の信号のログ記録されたデータは Simulink.SimulationData.Signal オブジェクトに保存されます。このモデルで作成された Dataset オブジェクトには 1 つのログ記録された信号 StepResponse が含まれます。

  4. 2 番目のモデル ex_data_import_continuous_second を開きます。

    この 2 番目のモデルを 1 番目のモデルからのログ データを使用してシミュレーションを実行するように構成できます。この例では、2 番目のモデルはルートレベル Inport ブロックを使用して、ログ記録されたデータをシミュレーションの入力として読み込みます。Inport ブロックでは [データを内挿する] オプションが選択されています。

  5. 2 番目のモデルから [コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][入力] パラメーターを選択します。

    Simulink.SimulationData.Signal.getElement メソッドを使用して、以下のように StepResponse 信号要素を指定します。

  6. 2 番目のモデルで、Simulink ソルバーが保存したデータ (u) で指定されたタイム ステップで実行されるように指定します。[データのインポート/エクスポート] ペインで、[出力オプション] パラメーターを [追加出力の生成] に設定し、[出力時間] パラメーターを次に設定します。

    logsout.getElement('StepResponse').Values.Time
  7. 2 番目のモデルをシミュレートします。

メモ

Simulink は、ルートの入力端子を通してマイナー タイム ステップ データを供給しません。マイナー タイム ステップの詳細については、サンプル時間のタイプを参照してください。

関連する例

詳細