最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

エクスポートされるデータ量の制限

いくつかのオプションを使用してシミュレーション中に記録されるデータの量を削減できます。エクスポートされるシミュレーション データの量を制限すると、メモリ使用量が削減され、シミュレーションを高速化できます。ただし、シミュレーション データの量を制限すると、モデルのテストと解析に不可欠な一部のタイム ステップをログ データがスキップする可能性があります。

同じシミュレーションに複数の手法を使用できます。

手法説明
間引き係数を指定するデータのエクスポート時にサンプルをスキップします。
データ点を制限する保存するサンプルの数を最新のサンプルのみに制限します。
ログの間隔を指定するログのタイム ステップの範囲を指定します。

メモリの問題の原因となる大量のデータを記録する場合、永続ストレージへのログ記録を検討します。このアプローチではすべてのログ データが維持され、MATLAB ワークスペースのメモリ使用量が最小限に抑えられます。詳細については、永続ストレージへのデータの記録を参照してください。

間引き

データをエクスポートするときにサンプルをスキップするには、間引き係数を適用します。たとえば、間引き係数 2 の場合、1 つおきにサンプルが保存されます。既定の設定では、間引きは 1 に設定されており、サンプルはスキップされません。

間引き係数を指定するために使用する方法は、ログを生成するデータの種類によって異なります。

データ指定方法
信号のログ信号を右クリックします。[信号プロパティ] ダイアログ ボックスで、[間引き] パラメーターを選択します。
データ ストアのログ記録そのブロックの [ブロックパラメーター] ダイアログ ボックスから、[ログ] タブを開きます。[間引き] パラメーターを使用して、間引き係数を適用します。
状態と出力

[間引き] ラベルの右のフィールドに値を入力します。

データ点の制限

保存されるサンプル数を最新サンプルのみに制限するには、[データ点の制限] パラメーターを設定します。

使用する方法は、ログを生成するデータの種類によって異なります。

データ指定方法

信号のログ

信号を右クリックします。[信号プロパティ] ダイアログ ボックスで、[データ点の制限] パラメーターを選択します。

データ ストアのログ記録

そのブロックの [ブロックパラメーター] ダイアログ ボックスから、[ログ] タブを開きます。[データ点の制限] パラメーターを選択します。

時間、状態、出力のログ記録

[データ点の制限] コンフィギュレーション パラメーターと [データ点の最大数] コンフィギュレーション パラメーターを選択し、制限を指定します。

ログ間隔

ログの間隔を指定するには、[コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][ログ間隔] パラメーターを使用します。ログを指定した間隔に制限すると、モデルを変更したり、モデルに複雑度を追加することなく、特定のログ データを調べることができます。

ログ間隔は、以下に関するログ データに適用されます。

  • 時間

  • 状態

  • 出力

  • 信号のログ

  • To Workspace ブロック

  • To File ブロック

ログ間隔は、ログ データ、スコープまたはシミュレーション データ インスペクターへのストリーミング データの最終状態には適用されません。

[ログ間隔] で指定された間隔は、[間引き] および [データ点の制限] パラメーターが適用される時間のセットを確立します。たとえば、固定ステップ サイズが 1 の固定ステップ ソルバーでログ間隔 [2,4;7,9] を設定するとします。記録される時間は、2、3、4、7、8 および 9 です。

関連する例

詳細