最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getSimulationMetadata

クラス: Simulink.SimulationOutput
パッケージ: Simulink

シミュレーション用の SimulationMetadata オブジェクトを返す

構文

mData = simout.getSimulationMetadata()

説明

mData = simout.getSimulationMetadata()simout SimulationOutput オブジェクトから SimulationMetadata オブジェクト内のメタデータ情報を取得します。

入力引数

すべて展開する

メタデータの取得元のシミュレーション オブジェクト。SimulationOutput オブジェクトとして指定します。

出力引数

すべて展開する

simout SimulationOutput オブジェクトに保存された SimulationMetadata オブジェクト。オブジェクトとして返されます。

すべて展開する

vdp モデルをシミュレーションし、メタデータ情報をシミュレーションから取得します。

vdp モデルのシミュレーションを実行します。Simulink.SimulationOutput オブジェクトの結果を simout に保存します。

 open_system('vdp')
 simout = sim(bdroot,'ReturnWorkspaceOutputs','on');

このシミュレーションに関するメタデータ情報を mData を使用して取得します。

 mData=simout.getSimulationMetadata()
mData = 

  SimulationMetadata with properties:

        ModelInfo: [1x1 struct]
       TimingInfo: [1x1 struct]
    ExecutionInfo: [1x1 struct]
       UserString: ''
         UserData: []

代替方法

より簡単な代替方法は、SimulationMetadata プロパティでドット表記を使用することです。次に例を示します。

simOut.SimulationMetadata.ModelInfo

代替として、次のいずれかの方法を使用して、シミュレーション メタデータを変数エディターに表示することもできます。

  • [Show Simulation Metadata] チェック ボックスを選択する (データがツリー構造で表示されます)。

  • [SimulationMetadata] 行をダブルクリックする。

  • SimulationMetadata オブジェクトを表示する。